osayanの取材日記

osayanの取材日記 宇和島藩蔵屋敷長屋門の遺構 その2

宇和島藩蔵屋敷長屋門の遺構 ②

前回の続きです。

いただいたヒントは『宇和島藩蔵屋敷の長屋門などが堺市内に移築された』ことを取り上げた新聞記事が見つかった事です。

昭和54年(1979)1月25日木曜日の朝日新聞(東京版)朝刊第22面。

この日は朝日新聞創刊100周年にあたります。(明治12年(1879)1月25日創刊第1号の発行)

朝日新聞創刊の地は、かつてご紹介しました。内容はこちら。

夏目漱石や石川啄木が朝日新聞社で働いていた事もご紹介しました。

宇和島藩の蔵屋敷があった場所に移転したときは、蔵屋敷の遺構を社屋として使っていました。

大阪で無料配布されている「月刊島民 中之島」のVol.39(2011年10月1日発行)には蔵屋敷の遺構=朝日新聞社の古写真が紹介されていました。

Img0001

さて、本題に戻ります。

昭和54年(1979)1月25日木曜日の朝日新聞(東京版)朝刊第22面。

そこには次のような文面が見られました。

「創刊百周年を迎える前日に飛ぶ込んだ思いがけないトピックに社員一同もびっくり。」

この記事には「現存している場所として堺市諏訪森町西三丁。」

と紹介し、遺構の持ち主と実際に住んでいる方の実名が紹介されています。

捕虜交換が済んだのちに、官舎は出版社に払い下げられ、更に昭和3年(1928)、現在の持ち主である方の手に渡ったこと等詳細な説明が書かれていました。

さて、現在個人宅なので長屋門遺構のある場所を明記するのは差し控えたいと思います。

しかし、新聞の内容を読んだうえで、現地周辺を歩きますとすぐにわかると思います。

私が、早朝、その場所の向かいにある家の方にお聞きしても「どこでしょうねぇ。初めて聞きました。」とおっしゃっていました。

周辺の方にも知られていない遺構。

多くの方に知っていただきたい反面、そこには住居としてお住みになる方がいらっしゃるのでそっとしておくほうが良いのか困惑します。

遺構の写真だけアップさせていただきます。

Dsc058480001_2

その1

このブログの「検索フレーズランキング」に宇和島藩蔵屋敷が項目としてランキングに入っていました。

「宇和島藩蔵屋敷」で検索しますと、中之島にある朝日新聞大阪本社が明治初期、蔵屋敷の遺構を社屋として使用していた事がしるされていたほか、福岡藩蔵屋敷長屋門などが項目として上がりました。

そのなかで注目したのが、たった一つのブログのみ「宇和島藩蔵屋敷長屋門の遺構を訪れた。」という記載を見つけました。

明治30年代、現在の浜寺公園にあったロシア兵捕虜収容所の管理のために移築されたらしいとのことでした。

家の事情で午前中しか時間が開いていなかったのですが、早速、12月11日の日曜日、早朝、その現場付近を捜し歩きました。

朝の散歩をしている方、家の庭を掃除している方を見つけては「このあたりに宇和島藩蔵屋敷長屋門が移築されているのですが、どこにあるかご存じないでしょうか?」とお伺いしましたが、全員が「長年住んでるけど聞いた事無いなぁ~」でした。

それらしき家屋がありましたので、その向かいの方が、丁度外に出てこられ、同じ質問をしましたが、やはりご存知ありませんでした。

その後、朝日新聞社、堺市などに問い合わせをしましたが、わからないとのことでした。

しかしあるところに調べてもらい、1週間後にヒントとなるお答えをいただき、解決に至りました。

osayanの取材日記 宇和島藩蔵屋敷長屋門の遺構 その1

宇和島藩蔵屋敷長屋門の遺構 ①

このブログの「検索フレーズランキング」に宇和島藩蔵屋敷が項目としてランキングに入っていました。

「宇和島藩蔵屋敷」で検索しますと、中之島にある朝日新聞大阪本社が明治初期、蔵屋敷の遺構を社屋として使用していた事がしるされていたほか、福岡藩蔵屋敷長屋門などが項目として上がりました。

そのなかで注目したのが、たった一つのブログのみ「宇和島藩蔵屋敷長屋門の遺構を訪れた。」という記載を見つけました。

明治30年代、現在の浜寺公園にあったロシア兵捕虜収容所の管理のために移築されたらしいとのことでした。

家の事情で午前中しか時間が開いていなかったのですが、早速、12月11日の日曜日、早朝、その現場付近を捜し歩きました。

朝の散歩をしている方、家の庭を掃除している方を見つけては「このあたりに宇和島藩蔵屋敷長屋門が移築されているのですが、どこにあるかご存じないでしょうか?」とお伺いしましたが、全員が「長年住んでるけど聞いた事無いなぁ~」でした。

それらしき家屋がありましたので、その向かいの方が、丁度外に出てこられ、同じ質問をしましたが、やはりご存知ありませんでした。

その後、朝日新聞社、堺市などに問い合わせをしましたが、わからないとのことでした。

しかしあるところに調べてもらい、1週間後にヒントとなるお答えをいただき、解決に至りました。

続きはその2でご紹介します。

捜し歩いているとこの附近は松の名所で知られており、「三光松跡」の石碑がありました。

Dsc058450002 Dsc058460001

osayanの取材日記 桂小五郎潜伏の地 出石

桂小五郎潜伏の地 出石

禁門の変で敗戦後、長州藩は朝敵に。京都で朝廷や各藩との折衝役だった桂小五郎も身の危険を感じ、京都から但馬へ身を隠しました。

特に出石城下町に居た期間が長く、出石の各所でその潜伏跡の石碑が建っています。

002 005 008 014 0120001 015 018 0230002

osayanの取材日記 大久保利通「惜松碑」

大久保利通「惜松碑」

浜寺公園にはたくさんの松の木があります。

一時期伐採の計画がありましたが、この地を訪れた大久保利通は堺県知事の税所 篤に松の木は残すよう切望。それにより今日に至ります。

公園内には大久保利通が詠んだ句とともに「惜松碑」が明治31年に建てられました。

Pict89400002 Pict89410003 Pict89430001

osayanの取材日記 日露友好之像

日露友好之像

堺市浜寺公園内に小泉首相とロシアのプチャーチン大統領による両国友好之像や碑が建立されています。

日露戦争で日本軍によって捕虜となったロシア兵の収容所が、現在の浜寺公園にありました。

Dsc058580003 Dsc058590002 Dsc058620001 Dsc058680001_2 Dsc058670001 Dsc058650001

osayanの取材日記 大阪にある宇和島藩出身者の銅像

大阪にある宇和島藩出身者の銅像

004 2

左:児島惟謙  右:土居通夫

osayanの取材日記 大阪城 多聞櫓・千貫櫓

大阪城 多聞櫓・千貫櫓

大阪城の入り口は4箇所あります。大手口、京橋口、青屋口、玉造口。

これらの入り口にはいずれも枡形の多聞櫓がありましたが、現在は大手口にしか残っていません。当時の造りを知る重要な史跡となっています。

Osayan_osakajou_tamonyagura_senkany Osayan_osakajou_tamonyagura_senka_2 Osayan_osakajou_tamonyagura_senka_3 Osayan_osakajou_tamonyagura_senka_4 Osayan_osakajou_tamonyagura_senka_5 Osayan_osakajou_tamonyagura_senka_6 Osayan_osakajou_tamonyagura_senka_7 Osayan_osakajou_tamonyagura_senka_8 Osayan_osakajou_tamonyagura_senka_9 Osayan_osakajou_tamonyagura_senk_10 Osayan_osakajou_tamonyagura_senk_11 Osayan_osakajou_tamonyagura_senk_12 Osayan_osakajou_tamonyagura_senk_13 Osayan_osakajou_tamonyagura_senk_14 Osayan_osakajou_tamonyagura_senk_15 Osayan_osakajou_tamonyagura_senk_16 Osayan_osakajou_tamonyagura_senk_17 Osayan_osakajou_tamonyagura_senk_18 Osayan_osakajou_tamonyagura_senk_19 Osayan_osakajou_tamonyagura_senk_20

osayanの取材日記 大阪城 乾櫓

大阪城 乾櫓

乾櫓は大阪城の南西角にある櫓で、L字の形で1階と2階がいずれも同じ広さになっている珍しい造りになっていて重要文化財に指定されています。

「inuiyagura.pdf」をダウンロード

Dsc020420002 Dsc053620003 Dsc057900001 Dsc057920005 Dsc057930004 Dsc057720002 Dsc057760003 Dsc057850004 Dsc057870005 Dsc057890001

osayanの取材日記 野口英世像

野口英世像

毎日、財布の中に入っているお札。

千円札に描かれている野口英世。

大阪府内に銅像があるのはご存知でしょうか?

Dsc055790002 Dsc055800001 Dsc055780004 Dsc055820003

osayanの取材日記 旧第四師団司令庁舎跡

大阪城天守閣と共に建てられた旧第四師団司令庁舎

大阪城天守閣の復興80周年として、旧大阪市立博物館であるとともに旧第四師団司令庁舎の建物の中が特別公開されました。

建築費は大阪城天守閣よりも費用がかかりました。

「daiyonnsidannsireibutyousya.pdf」をダウンロード

Dsc056930004 Dsc056960003 Dsc057030002 Dsc057360001

その他のカテゴリー

BRIDGE | e-よこ会(東横堀川水辺再生協議会) | JASS | NHK「龍馬伝」関連 | NHK大河ドラマ主人公関連 | NHK大河ドラマ関連 | OSAYAN | osayan クイズコーナー | osayanの取材日記 | TSビル | あすなろ | お龍 | こめんと | アントニウス・ボードウィン | アーネスト・サトウ | オリジナルソング | クイズ | シーボルト | ハリー・パークス | プリンセストヨトミ | レトロ建築 | 三条実美 | 三橋楼跡 | 上島鬼貫 | 上町学プロジェクト | 中岡慎太郎 | 乾 十郎 | 五代友厚 | 井上馨 | 井伊直弼 | 井原西鶴 | 京街道 | 京都の史跡関連 | | 伊藤博文 | 伊達宗城 | 伊達宗広 | 会津藩 | 住友関連 | 佐久良東雄 | 佐賀藩関連 | 八軒家船着場跡 | 兵庫県知事 | 加藤清正 | 勝 海舟 | 勝小吉 | 北畠顕家 | 南方熊楠 | 原敬 | 句碑 | 司馬遼太郎 | 吉田松陰 | 和歌山の史跡関連 | 和歌山市の史跡 | 喜多俊之 | 土佐勤王党 | 土佐海援隊 | 土佐藩関連 | 土佐陸援隊 | 土居通夫 | 土方歳三 | 土浦藩 | 坂の上の雲 | 坂本龍馬 | 坂本龍馬の豆知識 | 堺事件 | 堺屋太一 | 夕陽丘 | 大久保利通 | 大坂の史跡紹介 | 大坂ゆかりの地 | 大坂城 | 大坂城代 | 大坂定番 | 大坂蔵屋敷関連 | 大坂銀座跡 | 大坂銅座跡 | 大塩平八郎 | 大村益次郎 | 大村藩関連 | 大石内蔵助 | 大阪まちあるきCUP | 大阪ハリストス正教会 | 大阪会議ゆかりの地 | 大阪城 | 大阪天満宮 | 大阪府知事 | 大阪旅めがね | 大阪歴史塾 | 大阪珍百景 | 大阪砲兵工廠 | 大阪龍馬会 | 天満橋 | 天誅組 | 天誅組関連 | 学生時代 | 宇和島藩関連 | 安藤忠雄 | 宣教師ニコライ | 専崎楼 | 専称寺 | 専稱寺 | 小松帯刀 | 尾張藩関連 | 山南 敬助 | 岩倉具視 | 岩崎彌太郎 | 岸和田の史跡関連 | 岸和田市の史跡 | 岸和田藩 | 島津久光 | 幕末の志士が歩いた大坂 | 幕臣関連 | 平 将門 | 平 清盛 | 彦根藩 | 後藤象二郎 | 後醍醐天皇 | 徳川光圀 | 徳川吉宗 | 徳川家光 | 徳川家康 | 徳川家茂 | 徳川慶喜 | 徳川斉昭 | 戦国大名 | 抜け穴 | 文化・芸術 | 文学碑 | 新婚旅行 | 新選組 | 明治以降の大阪 | 明治天皇 | 明治天皇碑 | 昭憲皇太后 | 東久世通禧 | 東海道五十七次 | 東郷平八郎 | 松尾芭蕉 | 松平容保 | 松平春嶽 | 松本重太郎 | 板垣退助 | 柴田勝家・お市の方 | 桂小五郎 | 桂小五郎・木戸孝允 | 桑名藩関連 | 楠木正成 | 楠木正行 | 武市半平太 | 歴史 | 歴史こぼれ話 | 水戸藩関連 | 江戸川乱歩 | 池内大学 | 沢辺琢磨 | 河井継之助 | 法性寺 | 浜口儀兵衛 | 海軍塾 | 清河八郎 | 源 義経 | 演劇 | 演劇集団キャラメルボックス | 濱﨑太平次 | 熊野街道 | 甲斐よしひろ | 真田幸村(信繁) | 石垣 | 石山本願寺 | 石田三成 | 砲台 | 神戸の史跡関連 | 神戸事件 | 神戸史跡 | 神戸史跡関連 | 神戸海軍塾 | 福澤諭吉 | 稱念寺 | 稲畑勝太郎 | 竜馬がゆく | 築地蟹島 | 紀州藩関連 | 紀州街道 | 緒方洪庵 | 織田信長 | 茶川一郎 | 蓮如上人 | 薩万 | 薩摩屋半兵衛 | 薩摩藩御用商人 | 薩摩藩関連 | 藤原家隆 | 西国街道 | 西大寺観音院 | 西郷吉之助 | 豊臣期の大坂 | 豊臣期の大坂を歩く | 豊臣秀吉 | 豊臣秀頼 | 赤穂義士ゆかりの地 | 足利尊氏 | 近藤 勇 | 近藤長次郎 | 追手門学院 | 適塾 | 金田一耕助 | 長岡藩関連 | 長州藩関連 | 関西大学 | 陸上競技部 | 陸奥宗光 | 雙松岡塾 | 難波宮 | 高島鞆之助 | 高杉晋作 | 高橋泥舟 | 黒田如水 | 黒田清隆 | 齢延寺 | 龍谷大学

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

osayan

  • osayan: osayanのアルバム http://www.voiceblog.jp/y-osayan/

最近のトラックバック

カテゴリー

microad