豊臣期の大坂を歩く

大阪城について 2

大阪城公園駅 陶板レリーフ             中央区大阪城3-3

Resize1234

Resize1235

Resize1236

Resize1237

Resize1238

Resize1239

大阪城公園駅開業を記念し、大坂の文化や歴史を後世に末永く語り伝えるモニュメンタルな作品として企画されたのが、当駅の吹き抜けコンコースの周囲を飾る大壁画、陶板レリーフと文章陶板である。
壮麗なレリーフ「なにわの精華」を描いたのは、若いころ大阪で育ち、日本画の大家だった西山英雄画伯である。画伯は大阪城が栄えていた頃の安土桃山時代の風物にヒントを得て、「職人尽し」「醍醐の花見と南蛮文化」「賤ヶ岳の合戦」の三部作が駅の壁面に掲げられた。ごく限られた色数しか使っていないのにもかかわらず、力強い印象をもたらす作品が好評である。

豊臣家の家紋の謎

豊臣家の家紋の謎

ガイドをしているこのような質問を受けました。

五山桐や五七桐の家紋が豊臣家のゆかりの地で散見されるが、どちらが正しいのでしょうか?と

お客様からの質問は本当に勉強になります。

調べてみますと次のpdfデータをご覧ください。

「kirinomon.pdf」をダウンロード

大村益次郎終焉の地 / 豊臣期の大坂を歩く 夏の陣vol.Ⅲ レポート(5)

豊臣期の大坂を歩く 夏の陣vol.Ⅲ レポート(5)

大村益次郎終焉の地 

 大村益次郎は、文政7年(1824)、周防国吉敷郡鋳銭司村字大村にて医者 村田孝益の子として生まれた。弘化3年(1846)、23歳の時、大坂に出てきて、緒方洪庵の適塾に入門。入門後、成長著しく、3年後には塾頭を務めた。
 塾頭になったその年に、橋本左内、杉 亨二が入門している。
 27歳で塾を辞め、帰郷し医業を開業。
 その後、才能を買われて宇和島藩に招かれ、藩主 伊達宗城より蒸気船の建造を命じられ、それを実現させた。
 安政3年(1856)、幕府から招かれ蕃書調所(洋書を翻訳する役所)に出仕し、併せて講武所(幕府の学校)の教授を務めた。
 2年後、長州藩 桂小五郎の薦めにより長州藩の藩校教授となる。幕府による第二次長州征伐の時は、参謀として指揮を取り、勝利に導いた。新政府樹立後は、大参謀 薩摩藩 西郷吉之助の下で軍監兼参謀を務め、上野の彰義隊との戦いの総指揮を命じられ、僅か1日で終わらせた。
 明治元年(1868)、維新に散った人たちを祀る招魂社(現在の靖国神社)を九段に創建する。
 明治2年9月4日、京都の三条木屋町の定宿にいるところを刺客に襲われ、瀕死の重傷を負った。大阪病院(浪華仮病院)に治療のため運ばれる。敗血症を併発し、右足の切断手術を受けたが、その甲斐なく同年11月5日、46歳で永眠。
 墓は故郷の鋳銭司村にあるが、切断した右足は、大村益次郎の遺志により、師である緒方洪庵の墓がある龍海寺に、洪庵の墓の横に埋められた。

Pict8808 Pict8810 Pict8811 Pict8812 Pict8813 Pict8815 Pict8816 Pict8817  

Pict8716 Pict8717

真田丸(真田の出丸)跡/真田山心眼寺 / 豊臣期の大坂を歩く 夏の陣vol.Ⅲ レポート(3)

豊臣期の大坂を歩く 夏の陣vol.Ⅲ レポート(3)

真田丸(真田の出丸)跡/真田山心眼寺

心眼寺は、元和8年(1622)4月、真田幸村(信繁)とその子大助の冥福を祈るため、真田幸村が築いた「真田の出丸」と呼ばれる砦の跡地に、白牟和尚によって創建された。
心眼寺の定紋は真田家の六文銭に定められ、山号は真田山となっている。
真田丸(真田の出丸)は東西2つの郭で構成され、広範囲にわたる砦だった。
西側の郭は、南面を半月状の頑丈な柵で固められていた。東側の郭は、堀の内側に塀を建て連ねた構えとなっていた。
慶長19年(1614)大坂冬の陣の際、真田幸村率いる豊臣軍は、徳川軍の松平忠直、井伊直孝、前田利常、藤堂高虎らをここで迎え撃ち勝利している。

Dsc02326 Dsc02327 Dsc02328 Dsc02329

旧真田山陸軍墓地 / 豊臣期の大坂を歩く 夏の陣vol.Ⅲ レポート(2)

豊臣期の大坂を歩く 夏の陣vol.Ⅲ レポート(2)

旧真田山陸軍墓地

明治4年(1871)、当時の兵部省が大阪を陸軍の本拠地とし、その一環で埋葬地を真田山に設置した。

訓練中死亡した兵学寮生徒や兵卒などがここに埋葬され、西南戦争、日清戦争、日露戦争(初期)までに亡くなった墓碑がある。
昭和13年(1938)、「陸軍埋葬地」は陸軍墓地規則によって「陸軍墓地」と名称変更された。

陸軍墓地最古の墓は下田織之助(山口県出身、明治3年(1870)大阪の兵学寮に入学。同年12月1日病死。)。

日清戦争での清国兵の俘虜、第一次世界大戦でのドイツ兵の俘虜の墓碑もある。

Pict8213 Pict7471 Pict8215 Pict8211 Pict8209 Dsc05943

真田の抜け穴跡・真田幸村像 / 豊臣期の大坂を歩く 夏の陣vol.Ⅲ レポート(1)

豊臣期の大坂を歩く 夏の陣vol.Ⅲ レポート(1)

真田の抜け穴跡・真田幸村像

かつては「真田の抜け穴」が10数箇所あった。

現在残る貴重な抜け穴跡。

現在抜け穴の奥はすぐに遮断されているようであるが、阪神大震災前は結構おくまで入れたと体験談を聞いたことがある。昔は柵がなく子どもにとってよき遊び場所だったようである。

大坂冬の陣で徳川軍に大きく立ちはだかったのが真田の出丸。

宰相山公園から西あたりに真田丸が築かれていた。契沖の旧跡及び墓所がある近くの円珠庵(鎌八幡)境内のエノキの木は、古来から霊木として人びとの信仰を集めていた。

真田幸村(信繁)がこのエノキに鎌を打ちつけて戦勝を祈念し、大いに戦功をあげたと伝えられている。以来、「鎌八幡」と呼ばれ、このエノキに鎌を打ち込み悪縁を断つ願かけをする人が増えたそうである。

Kimg0001 Kimg0003

大阪砲兵工廠跡 / 豊臣期の大坂を歩く 夏の陣vol.Ⅱ レポート(24)

豊臣期の大坂を歩く 夏の陣vol.Ⅱ レポート(24)

大阪砲兵工廠跡

大阪砲兵工廠は明治3年(1870)「造幣司」という名称で、大阪城三の丸米倉跡に設置された。同5年(1872)「大砲製造所」、同8年(1875)「砲兵第二方面内砲兵支廠」、同12年(1879)「大阪砲兵工廠」と名称が変わった。
政府(陸軍)直属の兵器製造工場で、大砲、重兵器、爆弾、戦車などを製造していた。
終戦直前では6万4千人近くがここで働いていた。終戦の前日である昭和20年(1945)8月14日の大空襲により、完全に破壊されました。
多くの犠牲者を出した。大阪砲兵工廠本部があった場所は、現在、大阪城ホールがある場所に該当する。                 003

Dsc05377 Dsc05376

098 099 002 Dsc00291

極楽橋 / 豊臣期の大坂を歩く 夏の陣vol.Ⅱ レポート(23)

豊臣期の大坂を歩く 夏の陣vol.Ⅱ レポート(23)

極楽橋

山里丸と二の丸を結ぶ橋で、かつては幅3mの木造橋だった。

おそらく大坂本願寺の時代からあった橋とされている。
近年、17世紀に渡欧した豊臣期の大坂城を描いた壁画が、オーストリアのエッゲンベルグ城で見つかった。予想以上に豪華だったことが判明。屋根つきで鍍金され、鳥や樹木の彫刻が施され、欄干にも黄金がはめ込まれていた。

122 121 Photo

豊臣秀頼・淀殿自刃の跡(山里曲輪) / 豊臣期の大坂を歩く 夏の陣vol.Ⅱ レポート(22)

豊臣期の大坂を歩く 夏の陣vol.Ⅱ レポート(22)

豊臣秀頼・淀殿自刃の跡(山里曲輪)

元和元年(1615)5月に大坂夏の陣が起こり、5月7日ついに大坂城が炎上。5月8日、焼け残った櫓に潜んでいた淀殿、豊臣秀頼は自刃し、豊臣家は滅亡する。「朱三櫓(しゅみやぐら)(「糒庫(ほしいぐら)という蔵という説の史料が多いため、この地に石碑が建てられた。
・山里曲輪跡 天守閣の北にあり、本丸とは高い石垣に隔てられている。豊臣秀吉やその家族らが茶会や花見を催した。大坂夏の陣で落城の際、淀殿と豊臣秀頼が山里曲輪で自刃したと伝わっている。

022 Dsc05308

豊臣期の大坂城天守閣跡 /豊臣期の大坂を歩く 夏の陣vol.Ⅱ レポート(20) 

豊臣期の大坂を歩く 夏の陣vol.Ⅱ レポート(20)

豊臣期の大坂城天守閣跡

豊臣期の大坂城天守閣跡 天正11年(1583)9月1日から工事を開始。

天正13年(1585)に第一期工事が終了。

外郭工事が終了するのは、秀吉が病没する慶長3年(1598)。

現在の大阪城天守閣がある場所とは若干異なり、北東方面にあった。

天守閣は3階建ての屋根上に更に3階建てを載せた望楼型で、安土城天守閣を受け継いだ造りとなった。

Photo Photo_2

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

BRIDGE | e-よこ会(東横堀川水辺再生協議会) | JASS | NHK「龍馬伝」関連 | NHK大河ドラマ主人公関連 | NHK大河ドラマ関連 | OSAYAN | osayan クイズコーナー | osayanの取材日記 | TSビル | あすなろ | お龍 | こめんと | アントニウス・ボードウィン | アーネスト・サトウ | オリジナルソング | クイズ | シーボルト | ハリー・パークス | プリンセストヨトミ | レトロ建築 | 三条実美 | 三橋楼跡 | 上島鬼貫 | 上町学プロジェクト | 中岡慎太郎 | 乾 十郎 | 五代友厚 | 井上馨 | 井伊直弼 | 井原西鶴 | 京街道 | 京都の史跡関連 | | 伊藤博文 | 伊達宗城 | 伊達宗広 | 会津藩 | 住友関連 | 佐久良東雄 | 佐賀藩関連 | 八軒家船着場跡 | 兵庫県知事 | 加藤清正 | 勝 海舟 | 勝小吉 | 北畠顕家 | 南方熊楠 | 原敬 | 句碑 | 司馬遼太郎 | 吉田松陰 | 和歌山の史跡関連 | 和歌山市の史跡 | 喜多俊之 | 土佐勤王党 | 土佐海援隊 | 土佐藩関連 | 土佐陸援隊 | 土居通夫 | 土方歳三 | 土浦藩 | 坂の上の雲 | 坂本龍馬 | 坂本龍馬の豆知識 | 堺事件 | 堺屋太一 | 夕陽丘 | 大久保利通 | 大坂の史跡紹介 | 大坂ゆかりの地 | 大坂城 | 大坂城代 | 大坂定番 | 大坂蔵屋敷関連 | 大坂銀座跡 | 大坂銅座跡 | 大塩平八郎 | 大村益次郎 | 大村藩関連 | 大石内蔵助 | 大阪あそ歩 | 大阪まちあるきCUP | 大阪ハリストス正教会 | 大阪会議ゆかりの地 | 大阪城 | 大阪天満宮 | 大阪府知事 | 大阪旅めがね | 大阪歴史塾 | 大阪珍百景 | 大阪砲兵工廠 | 大阪龍馬会 | 天満橋 | 天誅組 | 天誅組関連 | 学生時代 | 宇和島藩関連 | 安藤忠雄 | 宣教師ニコライ | 専崎楼 | 専称寺 | 専稱寺 | 小松帯刀 | 尾張藩関連 | 山南 敬助 | 岩倉具視 | 岩崎彌太郎 | 岸和田の史跡関連 | 岸和田市の史跡 | 岸和田藩 | 島津久光 | 幕末の志士が歩いた大坂 | 幕臣関連 | 平 将門 | 平 清盛 | 彦根藩 | 後藤象二郎 | 後醍醐天皇 | 徳川光圀 | 徳川吉宗 | 徳川家光 | 徳川家康 | 徳川家茂 | 徳川慶喜 | 徳川斉昭 | 戦国大名 | 抜け穴 | 文化・芸術 | 文学碑 | 新婚旅行 | 新選組 | 旧街道・城下町を歩く | 明治以降の大阪 | 明治天皇 | 明治天皇碑 | 昭憲皇太后 | 東久世通禧 | 東海道五十七次 | 東郷平八郎 | 松尾芭蕉 | 松平容保 | 松平春嶽 | 松本重太郎 | 板垣退助 | 柴田勝家・お市の方 | 桂小五郎 | 桂小五郎・木戸孝允 | 桑名藩関連 | 楠木正成 | 楠木正行 | 武市半平太 | 歴史 | 歴史こぼれ話 | 水戸藩関連 | 江戸川乱歩 | 池内大学 | 沢辺琢磨 | 河井継之助 | 法性寺 | 浜口儀兵衛 | 海軍塾 | 清河八郎 | 源 義経 | 演劇 | 演劇集団キャラメルボックス | 濱﨑太平次 | 熊野街道 | 甲斐よしひろ | 真田幸村(信繁) | 石垣 | 石山本願寺 | 石田三成 | 砲台 | 神戸の史跡関連 | 神戸事件 | 神戸史跡 | 神戸史跡関連 | 神戸海軍塾 | 福澤諭吉 | 稱念寺 | 稲畑勝太郎 | 竜馬がゆく | 築地蟹島 | 紀州藩関連 | 紀州街道 | 緒方洪庵 | 織田信長 | 茶川一郎 | 蓮如上人 | 薩万 | 薩摩屋半兵衛 | 薩摩藩御用商人 | 薩摩藩関連 | 藤原家隆 | 西国街道 | 西大寺観音院 | 西郷吉之助 | 豊臣期の大坂 | 豊臣期の大坂を歩く | 豊臣秀吉 | 豊臣秀頼 | 赤穂義士ゆかりの地 | 足利尊氏 | 近藤 勇 | 近藤長次郎 | 追手門学院 | 追手門学院 大阪城スクエア | 適塾 | 金田一耕助 | 長岡藩関連 | 長州藩関連 | 関西大学 | 陸上競技部 | 陸奥宗光 | 雙松岡塾 | 難波宮 | 高島鞆之助 | 高杉晋作 | 高槻 | 高橋泥舟 | 黒田如水 | 黒田清隆 | 齢延寺 | 龍谷大学

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

osayan

  • osayan: osayanのアルバム http://www.voiceblog.jp/y-osayan/

最近のトラックバック

カテゴリー

microad