大久保利通

大阪城について 1

1. 大阪城公園駅                      中央区大阪城3-3

大坂城築城400年祭り開催に合わせて、昭和58年(1983)10月1日、JR(当時は国鉄)大阪環状線の森ノ宮駅と京橋駅の間に大阪城公園駅が開業した。
大阪環状線では唯一この駅のみが地平駅となっている(天王寺駅は上町台地の掘割部分にホームがあるため厳密には地平駅とはいえない)。
昭和7年に桃谷駅と猫間信号場間が高架化されているが、大阪砲兵工廠(現在の大阪城公園東部、大阪ビジネスパーク、吹田総合車両所森ノ宮支所など)の付近には線路を横断する道路はなく、砲兵工廠へ入る側線(廠内鉄道)との兼ね合いもあって高架化されなかった。なお、高架化されなかった理由に防諜説があるが、砲兵工廠の南端に開業した森ノ宮駅が開業当初から高架駅であることや、昭和17年9月に防諜の観点から大坂城内への一般の立入が禁止されるまで、大坂城天守から工廠内が丸見えであったことを考えると、防諜説はやや無理が生じると考えられる。

三橋楼とハリストス正教会 写真パネル展 開催 

大阪大空襲70年 

「石町一丁目の歴史  ~三橋楼とハリストス正教会」

2015年6月7日は、70年前の大阪大空襲の際に、同教会の聖堂が焼失されるなど大きな被害を受けました。

70年目という節目に、犠牲者の慰霊と平和の祈願のため、吹田市に移転した大阪ハリストス正教会の主催により、エル大阪で写真パネル展が開催されます。

ぜひ、お見逃しなく。

Resize1230

5月17日 史跡守口宿

5月17日 史跡守口宿

5月17日「史跡守口宿」のガイドを担当いたします長谷です。
今日、コースの確認と改めての下見をいたしましたが、思わぬ発見がありました。
文禄堤にある三好写真館等から、たくさんの貴重な情報をいただきました。桂小五郎宿泊の地(呉服商茜屋跡)。
守口漬を扱った徳永家本家跡。慶応4年3月22日、大坂行幸のため明治天皇が一泊した難宗寺、この寺には玉座が残されています。
非公開ですが、当日は見学をさせていただきます。司馬遼太郎住居跡(「梟の城」執筆の地)は守口市でした。
また、江戸川乱歩寓居跡の銘板のある場所は、謎かけです。この銘板を見つける確率はかなり低いと思います。当日は、参加者に見つけてもらおうと企画しています。

申し込みはこちら

続きを読む "5月17日 史跡守口宿" »

幕末・西宮 実施

史跡探訪「幕末・西宮」を実施

2014年9月28日

西宮市を中心に芦屋市、尼崎市も含めて幕末ゆかりの史跡を訪れます。

申し込みはこちらから

集合場所 阪神電鉄「打出駅」神戸方面の改札口出たところ
集合時間 13時00分
案内箇所
・毛利家ゆかりの寺 長州藩本陣宿営の地(親王寺)

Resize0771

阪神打出駅→阪神西宮駅 《移動》

・岩倉具視邸遺構「六英堂」(14時からの見学)

六英堂は岩倉具視邸の名称です。岩倉具視、三条実美、西郷隆盛、大久保利通、木戸孝允、伊藤博文ら6人の位牌と写真を祀った事から六英堂と名づけられました。

Resize0772

Resize0773

Resize0774

Iwakura

・長州藩本陣宿営の地(六湛寺跡)

・長州藩兵 奇兵隊宿営の地(海清寺)

・長州藩兵 整武隊宿営の地(正念寺)

・長州藩兵 第二奇兵隊宿営の地(信行寺)

・西宮砲台跡

014

・今津砲台跡

002

阪神甲子園駅→阪神大物駅 《移動》

・残念さん(長州藩士 山本文之助の墓)

Resize0775

解散場所:阪神大物駅周辺

大阪史跡探訪Vol.16を開催(2014.5.25)

大阪史跡探訪Vol.16

2000年から継続して実施してきました大阪龍馬会主催「大阪史跡探訪」が5月25日で16回目を迎えることとなりました。

お申し込みはこちらまで

夕陽丘を紹介したVol.1の2000年以降、新発見があればその箇所を目玉として実施してきましたが、今年も継続して実施することができることとなりました。

これまで数回紹介いたしました「三橋楼」が、ついに大阪市の顕彰史跡となりました。2014年1月には説明板が設置され、石碑建立を待つだけとなりました。私が永田屋昆布店(店前に八軒家船着場の石碑が建立されている)に「三橋楼跡は現在どこに該当するのでしょうか?」と問いかけたことから、平成24年度、大阪市が顕彰史跡として№189「三橋楼跡」が登録されました。

奇跡としか言いようがありません。私以外に尽力された方による功績です。この内容は今年、大阪龍馬会から発刊される「大坂の史跡探訪vol.3」で執筆させていただきました。

三橋楼跡にお住いになっている某マンションH氏の尽力によるものです。

三橋楼は本町橋西詰に移転しますが、そのいきさつを東横堀川界隈で結成されているe-よこ会(東横堀川水辺再生協議会)から原稿依頼があり、投稿させていただいた内容が下記URLでアップされておりますのでご覧ください。

http://e-yokobori.jp/docs/news11.pdf

大阪市の顕彰史跡については下記URLをご覧ください。

http://www.city.osaka.lg.jp/kyoiku/page/0000243650.html

5月25日までに石碑が建立されればいうことがないのですが、H氏にお伺いすると、別の案件があるため、もう少し時間がかかるようです。

このブログ記事をご覧になっているガイドをされている方にお願いがあります。

<お願い事項>

史跡箇所がマンションであるため、マイクなどの拡声器を使って説明するがゆえに、住民に迷惑がかかるため、ぜひともマンション前でのご説明は差し控えてください。H氏からのご要望でもあります。

Resize0678

Resize0676

Resize0677

Resize0681

Resize0680

幕末期のグルメ本に該当する「花の下影」に「三橋楼」が掲載されています。

Resize0683

大阪会議の舞台の地となった場所のうちのひとつに「三橋楼」が該当します。

大久保利通日記から明治8年1月8日と1月26日の記載内容が下記の画像です。

Resize0684

Resize0685

続きを読む "大阪史跡探訪Vol.16を開催(2014.5.25)" »

大坂の幕末を歩く 天満橋~北浜

大坂の幕末を歩く 天満橋~北浜

今春は、3月23日に行います。

見どころは下記の通りです。詳しくはこちら

Resize0606_2

Resize0607_2

Resize0609

Resize0610

・復帰した八軒家船着場の常夜燈

・大阪市の史跡に顕彰された「三橋楼跡」(大阪会議ゆかりの地)

・新選組の定宿「京屋忠兵衛」跡

・坂本龍馬ゆかりの船宿「堺屋源兵衛」跡

・新選組ゆかりの地 平野屋跡、岩城升屋跡

・花外楼

・大坂銀座跡

Resize0611

などなど。

ぜひ、ご参加ください!

続きを読む "大坂の幕末を歩く 天満橋~北浜" »

三橋楼跡をはじめとした天満橋~北浜の史跡ツアーのご案内

天満橋~北浜の史跡ツアー

3月23日(日)13時~

http://www.osaka-asobo.jp/course29.html

天満橋から北浜にある史跡巡りを行います。

見どころは、三橋楼跡。大阪市の史跡として顕彰されました。

また、三橋楼移転後に同場所に建った大阪ハリストス正教会の聖堂も、名所として知られています。

大阪ハリストス正教会に現れた人物に新島襄ゆかりの人物、また坂本龍馬の従兄弟に当たる人物、懐徳堂の復興を悲願としていた人物など、これまで紹介していないネタを紹介いたします。

Resize0541

Resize0542

Resize0543

Resize0544_2

もう1点は、一昨年、復帰した八軒家の常夜燈。

ぜひ、ご都合の合う方は

上記URLにアクセスしてください。

「大坂の史跡探訪 vol.3」

「大坂の史跡探訪 vol.3」

今年、発刊するシリーズものの「大坂の史跡探訪 vol.3」の原稿ができました。

発刊まで大阪龍馬会の編集スタッフにより、ページの校正や写真の配置、地図などを工夫していただき、5月25日の「大阪史跡探訪Vol.16」にあわせて発刊いたします。

史跡案内箇所は下記の写真のとおりです。

Resize0539

三橋楼その7

三橋楼 その7

三橋楼についての続報です。

ついに大阪市により史跡として顕彰されました。

近日中に石碑が建立されるそうですが、説明板ができました。Resize0482 Resize0477 Resize0478 Resize0479

「大坂の幕末を歩く 3」~夕陽丘周辺Vol.2~ 8

「大坂の幕末を歩く 3」~夕陽丘周辺Vol.2~ 8

 薩摩藩家老 小松帯刀墓所跡    天王寺区夕陽丘町5-14

地名を「夕日岡」と創名した伊達宗広(陸奥宗光の父)が、「自在庵」に在住中、維新の功労者 薩摩藩元家老の小松帯刀が、明治3年(1870)大阪で病死し、夕陽丘に埋葬された。
【明治維新の國士小松帯刀の碣(いしぶみ)も此處(ここ)にあった】と田中吉太郎著「夕陽丘の回顧」に記載があり、伊達宗広の敷地一角に小松帯刀と帯刀の側室 琴 仙子(ことせんこ)の墓があった。

Resize0414Resize0417

両者の墓は明治9年(1876)10月3日、鹿児島県吉利村園林寺にある小松家墓地に改葬された。
小松帯刀は明治に入り、徴士参与と外国事務局判事に任命され、主に外交を主として新政府に出仕したが、従来の過労で体調が芳しくなかった。
明治2年(1869)7月、大阪にて蘭医ボードウィンの治療を受けた。
明治天皇は2度にわたり、小松に菓子・肴の見舞い品を贈り、病気全快次第に東京在住するよう示達されている。
昨今、脚気により病死したと思われていたが、死因は結核である可能性が高いといわれている。
息を引き取ったのは、小松家では代々「大阪病院・医学校」と伝わっているが、歴史作家・研究家の桐野作人氏による「さつま人国誌 幕末・明治編2」では、大阪大宝寺町にあった側室 琴 仙子の家と紹介されている。小松の同友だった「五代友厚秘史」が出典。
正室 近(ちか)や五代友厚などの薩摩藩関係者に看取られて静かに永眠した。(明治3年7月19日深夜1時頃)
小松の葬儀は21日、神葬祭で行われた。費用は800両かかった。
同年12月13日。小松の墓参りのため、大久保利通と五代友厚がここを訪れている。

   Resize0416 Resize0418_2

 

 

 

 

 




その他のカテゴリー

BRIDGE | e-よこ会(東横堀川水辺再生協議会) | JASS | NHK「龍馬伝」関連 | NHK大河ドラマ主人公関連 | NHK大河ドラマ関連 | OSAYAN | osayan クイズコーナー | osayanの取材日記 | TSビル | あすなろ | お龍 | こめんと | アントニウス・ボードウィン | アーネスト・サトウ | オリジナルソング | クイズ | シーボルト | ハリー・パークス | プリンセストヨトミ | レトロ建築 | 三条実美 | 三橋楼跡 | 上島鬼貫 | 上町学プロジェクト | 中岡慎太郎 | 乾 十郎 | 五代友厚 | 井上馨 | 井伊直弼 | 井原西鶴 | 京街道 | 京都の史跡関連 | | 伊藤博文 | 伊達宗城 | 伊達宗広 | 会津藩 | 住友関連 | 佐久良東雄 | 佐賀藩関連 | 八軒家船着場跡 | 兵庫県知事 | 加藤清正 | 勝 海舟 | 勝小吉 | 北畠顕家 | 南方熊楠 | 原敬 | 句碑 | 司馬遼太郎 | 吉田松陰 | 和歌山の史跡関連 | 和歌山市の史跡 | 喜多俊之 | 土佐勤王党 | 土佐海援隊 | 土佐藩関連 | 土佐陸援隊 | 土居通夫 | 土方歳三 | 土浦藩 | 坂の上の雲 | 坂本龍馬 | 坂本龍馬の豆知識 | 堺事件 | 堺屋太一 | 夕陽丘 | 大久保利通 | 大坂の史跡紹介 | 大坂ゆかりの地 | 大坂城 | 大坂城代 | 大坂定番 | 大坂蔵屋敷関連 | 大坂銀座跡 | 大坂銅座跡 | 大塩平八郎 | 大村益次郎 | 大村藩関連 | 大石内蔵助 | 大阪まちあるきCUP | 大阪ハリストス正教会 | 大阪会議ゆかりの地 | 大阪城 | 大阪天満宮 | 大阪府知事 | 大阪旅めがね | 大阪歴史塾 | 大阪珍百景 | 大阪砲兵工廠 | 大阪龍馬会 | 天満橋 | 天誅組 | 天誅組関連 | 学生時代 | 宇和島藩関連 | 安藤忠雄 | 宣教師ニコライ | 専崎楼 | 専称寺 | 専稱寺 | 小松帯刀 | 尾張藩関連 | 山南 敬助 | 岩倉具視 | 岩崎彌太郎 | 岸和田の史跡関連 | 岸和田市の史跡 | 岸和田藩 | 島津久光 | 幕末の志士が歩いた大坂 | 幕臣関連 | 平 将門 | 平 清盛 | 彦根藩 | 後藤象二郎 | 後醍醐天皇 | 徳川光圀 | 徳川吉宗 | 徳川家光 | 徳川家康 | 徳川家茂 | 徳川慶喜 | 徳川斉昭 | 戦国大名 | 抜け穴 | 文化・芸術 | 文学碑 | 新婚旅行 | 新選組 | 明治以降の大阪 | 明治天皇 | 明治天皇碑 | 昭憲皇太后 | 東久世通禧 | 東海道五十七次 | 東郷平八郎 | 松尾芭蕉 | 松平容保 | 松平春嶽 | 松本重太郎 | 板垣退助 | 柴田勝家・お市の方 | 桂小五郎 | 桂小五郎・木戸孝允 | 桑名藩関連 | 楠木正成 | 楠木正行 | 武市半平太 | 歴史 | 歴史こぼれ話 | 水戸藩関連 | 江戸川乱歩 | 池内大学 | 沢辺琢磨 | 河井継之助 | 法性寺 | 浜口儀兵衛 | 海軍塾 | 清河八郎 | 源 義経 | 演劇 | 演劇集団キャラメルボックス | 濱﨑太平次 | 熊野街道 | 甲斐よしひろ | 真田幸村(信繁) | 石垣 | 石山本願寺 | 石田三成 | 砲台 | 神戸の史跡関連 | 神戸事件 | 神戸史跡 | 神戸史跡関連 | 神戸海軍塾 | 福澤諭吉 | 稱念寺 | 稲畑勝太郎 | 竜馬がゆく | 築地蟹島 | 紀州藩関連 | 紀州街道 | 緒方洪庵 | 織田信長 | 茶川一郎 | 蓮如上人 | 薩万 | 薩摩屋半兵衛 | 薩摩藩御用商人 | 薩摩藩関連 | 藤原家隆 | 西国街道 | 西大寺観音院 | 西郷吉之助 | 豊臣期の大坂 | 豊臣期の大坂を歩く | 豊臣秀吉 | 豊臣秀頼 | 赤穂義士ゆかりの地 | 足利尊氏 | 近藤 勇 | 近藤長次郎 | 追手門学院 | 追手門学院 大阪城スクエア | 適塾 | 金田一耕助 | 長岡藩関連 | 長州藩関連 | 関西大学 | 陸上競技部 | 陸奥宗光 | 雙松岡塾 | 難波宮 | 高島鞆之助 | 高杉晋作 | 高橋泥舟 | 黒田如水 | 黒田清隆 | 齢延寺 | 龍谷大学

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

osayan

  • osayan: osayanのアルバム http://www.voiceblog.jp/y-osayan/

最近のトラックバック

カテゴリー

microad