昭憲皇太后

京都史跡ガイド 初体験

京都史跡ガイド

2013年10月27日。私のとって記念すべき日となりました。

これまで、大阪史跡探訪、神戸史跡探訪のガイドを担当したことがありますが、ご縁があり、初めて「京都史跡探訪」のガイドを体験させていただきました。

10:00~13:00の3時間。四条河原町をスタートして池田屋騒動之址地までご案内いたしました。

最初の案内地からマニアックな史跡をご案内。

土方楠佐衛門寓居跡。鳥新跡。中村半次郎寓居跡。

半次郎と村田さととの経緯を説明。

Photo


いずれも石碑がないのが残念ですね。

そのような中で、一番時間を割いたのは坂本龍馬について。

今回の史跡探訪のレジュメは、知野文哉さんのレジュメページ数には届きませんでしたが、30ページとなりました。

そのうち坂本龍馬の案内は6ページ。

その内容を紹介したいと思います。

明日のこの時間にアップいたします。

中大江・北大江エリアの史跡探訪レポート 8

大阪歴史散歩の会 中大江・北大江エリアの史跡探訪レポート 8

英照皇太后・昭憲皇太后 行啓之所                 

   中央区本町橋2-5(マイドーム大阪)

明治23年(1890)4月、美子皇后陛下(のちの昭憲皇太后)が、明治24年11月に英照皇太后がこの地にあった大阪博物場を行啓された。
(英照皇太后は孝明天皇のお妃、昭憲皇太后は明治天皇のお妃。)
昭憲皇太后行啓の際、木造瓦葺2階建ての聖堂である綿繍堂が新築され、当時の大阪府知事 西村捨三は「神聖である由緒ある建物は、永久に保存すべきである」と「綿繍堂記」に記している。昭憲皇太后は、明治期に女子教育、慈善事業に関心を持たれ、東京女学校への行啓をはじめ、東京慈恵医院や日本赤十字社の発展に貢献された。

Resize0262


Resize0264

<昭憲皇太后と坂本龍馬>
 昭憲皇太后(当時は皇后陛下)は、坂本龍馬とゆかりがある。
もちろん、二人は会ったことはない。
坂本龍馬が刺客の刃によって倒れてから、38年後の明治37年(1904)、日露戦争が勃発しかけた頃、昭憲皇太后の「霊夢事件」がおこった。
枕元に坂本龍馬が現れ「この度の海戦は、必ず皇国の勝利です。」と言って消えていった。真実味に欠ける話だが、藩閥政治に対して、当時の第三勢力だった土佐藩出身者たちの巻き返しであった策という説が高い。
京都東山霊山にある坂本龍馬の墓の傍らに、「贈正四位 坂本龍馬君忠魂碑」という碑がある。この碑は、明治37年11月、伏見の船宿寺田屋伊助が「霊夢事件」の内容を記し建立した。

下記の写真は、「明治37年紱(ふつ)乙夜(おつよ)之覧 坂本龍馬(ま)傳(でん)艸稿(そうこう)」という史料。
「乙夜之覧」とは、天使がご覧になるという意味であり、皇后に坂本龍馬の写真と伝記が献上された時の献上本である。

Resize0267


Resize0266


<昭憲皇太后陵>
明治天皇陵の東に昭憲皇太后陵が京都市伏見区にある。
豊臣秀吉が築いた伏見城の本丸跡に現在明治天皇陵が設けられた。明治天皇陵へ参拝するには大きな難関がある。230段もある長い石段がある。230段という石段の数の230段には意味がある。23ずつの石段が10に区切られ、それぞれの境は平らになっている。
23段の石段は明治23年を意味し、区切られた10は10月を示す。
さらに、最後の23段と御陵の前にある7段の石段を加えた30段は、30日を示す。これは明治23年10月30日発布の「教育勅語」を意味している。
Resize0268


Pict9121


Pict91361

大阪史跡探訪Vol.4(その9)

大阪史跡探訪Vol.4(その9)

今回は

・大阪府庁(大阪裁判所)跡

・大阪府の初代知事

・英照皇太后、昭憲皇太后 行啓之所

・昭憲皇太后と坂本龍馬

・五代友厚像

・土居通夫像

・稲畑勝太郎像

・背割下水(太閤下水)

をご紹介いたします。

「vol.4(2003-03-06-9).pdf」をダウンロード

その他のカテゴリー

BRIDGE | e-よこ会(東横堀川水辺再生協議会) | JASS | NHK「龍馬伝」関連 | NHK大河ドラマ主人公関連 | NHK大河ドラマ関連 | OSAYAN | osayan クイズコーナー | osayanの取材日記 | TSビル | あすなろ | お龍 | こめんと | アントニウス・ボードウィン | アーネスト・サトウ | オリジナルソング | クイズ | シーボルト | ハリー・パークス | プリンセストヨトミ | レトロ建築 | 三条実美 | 三橋楼跡 | 上島鬼貫 | 上町学プロジェクト | 中岡慎太郎 | 乾 十郎 | 五代友厚 | 井上馨 | 井伊直弼 | 井原西鶴 | 京街道 | 京都の史跡関連 | | 伊藤博文 | 伊達宗城 | 伊達宗広 | 会津藩 | 住友関連 | 佐久良東雄 | 佐賀藩関連 | 八軒家船着場跡 | 兵庫県知事 | 加藤清正 | 勝 海舟 | 勝小吉 | 北畠顕家 | 南方熊楠 | 原敬 | 句碑 | 司馬遼太郎 | 吉田松陰 | 和歌山の史跡関連 | 和歌山市の史跡 | 喜多俊之 | 土佐勤王党 | 土佐海援隊 | 土佐藩関連 | 土佐陸援隊 | 土居通夫 | 土方歳三 | 土浦藩 | 坂の上の雲 | 坂本龍馬 | 坂本龍馬の豆知識 | 堺事件 | 堺屋太一 | 夕陽丘 | 大久保利通 | 大坂の史跡紹介 | 大坂ゆかりの地 | 大坂城 | 大坂城代 | 大坂定番 | 大坂蔵屋敷関連 | 大坂銀座跡 | 大坂銅座跡 | 大塩平八郎 | 大村益次郎 | 大村藩関連 | 大石内蔵助 | 大阪まちあるきCUP | 大阪ハリストス正教会 | 大阪会議ゆかりの地 | 大阪城 | 大阪天満宮 | 大阪府知事 | 大阪旅めがね | 大阪歴史塾 | 大阪珍百景 | 大阪砲兵工廠 | 大阪龍馬会 | 天満橋 | 天誅組 | 天誅組関連 | 学生時代 | 宇和島藩関連 | 安藤忠雄 | 宣教師ニコライ | 専崎楼 | 専称寺 | 専稱寺 | 小松帯刀 | 尾張藩関連 | 山南 敬助 | 岩倉具視 | 岩崎彌太郎 | 岸和田の史跡関連 | 岸和田市の史跡 | 岸和田藩 | 島津久光 | 幕末の志士が歩いた大坂 | 幕臣関連 | 平 将門 | 平 清盛 | 彦根藩 | 後藤象二郎 | 後醍醐天皇 | 徳川光圀 | 徳川吉宗 | 徳川家光 | 徳川家康 | 徳川家茂 | 徳川慶喜 | 徳川斉昭 | 戦国大名 | 抜け穴 | 文化・芸術 | 文学碑 | 新婚旅行 | 新選組 | 明治以降の大阪 | 明治天皇 | 明治天皇碑 | 昭憲皇太后 | 東久世通禧 | 東海道五十七次 | 東郷平八郎 | 松尾芭蕉 | 松平容保 | 松平春嶽 | 松本重太郎 | 板垣退助 | 柴田勝家・お市の方 | 桂小五郎 | 桂小五郎・木戸孝允 | 桑名藩関連 | 楠木正成 | 楠木正行 | 武市半平太 | 歴史 | 歴史こぼれ話 | 水戸藩関連 | 江戸川乱歩 | 池内大学 | 沢辺琢磨 | 河井継之助 | 法性寺 | 浜口儀兵衛 | 海軍塾 | 清河八郎 | 源 義経 | 演劇 | 演劇集団キャラメルボックス | 濱﨑太平次 | 熊野街道 | 甲斐よしひろ | 真田幸村(信繁) | 石垣 | 石山本願寺 | 石田三成 | 砲台 | 神戸の史跡関連 | 神戸事件 | 神戸史跡 | 神戸史跡関連 | 神戸海軍塾 | 福澤諭吉 | 稱念寺 | 稲畑勝太郎 | 竜馬がゆく | 築地蟹島 | 紀州藩関連 | 紀州街道 | 緒方洪庵 | 織田信長 | 茶川一郎 | 蓮如上人 | 薩万 | 薩摩屋半兵衛 | 薩摩藩御用商人 | 薩摩藩関連 | 藤原家隆 | 西国街道 | 西大寺観音院 | 西郷吉之助 | 豊臣期の大坂 | 豊臣期の大坂を歩く | 豊臣秀吉 | 豊臣秀頼 | 赤穂義士ゆかりの地 | 足利尊氏 | 近藤 勇 | 近藤長次郎 | 追手門学院 | 適塾 | 金田一耕助 | 長岡藩関連 | 長州藩関連 | 関西大学 | 陸上競技部 | 陸奥宗光 | 雙松岡塾 | 難波宮 | 高島鞆之助 | 高杉晋作 | 高橋泥舟 | 黒田如水 | 黒田清隆 | 齢延寺 | 龍谷大学

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

osayan

  • osayan: osayanのアルバム http://www.voiceblog.jp/y-osayan/

最近のトラックバック

カテゴリー

microad