吉田松陰

吉田松陰の血縁者 杉 道助

<杉 道助>(1884年2月20日 - 1964年12月14日)   杉 道助の曽祖父は、吉田松陰の父である杉 常道。通称は百合之助。 祖父は吉田松陰の兄にあたる杉 民(みん)治(じ)。民治は明治13年(1880)ごろ松下村塾を再興させている。塾は明治25年頃まで存続していたようである。 道助は山口市に生まれ、杉家の郷里である萩市で幼少期を過ごした。 中学卒業後、上京して慶應義塾大学に入学。明治32年、大学卒業後、久原鉱業所に入社。現在は統合や社名変更により、ブランド名「ENEOS」で知られるJXホールディングス株式会社に該当する。 翌年、大阪・船場の綿糸問屋・「八木商店」(現:繊維の専門商社である株式会社ヤギ)の創業者・八木与三郎の長女・義と結婚した。翌年には久原鉱業所が大阪に支店を設けることになり、大阪へ勤務することとなった。 同社の承諾を得て、明治35年より「八木商店」の仕事にも関わるようになった。 第二次世界大戦の終戦後、昭和21年(1946)、杉 道助は第16代大阪商工会議所の会頭に就任した。 大阪経済の立て直しに尽力。大阪国際空港の拡張整備、地下鉄網の整備、阪神高速道路公団の設立促進、新幹線の新大阪駅の位置を決定、都市基盤整備や重化学工業化などはその成果である。 昭和25年、大阪初となる民間放送局・「新日本放送」(現・毎日放送)が設立され、同社の社長に就任した。翌年、貿易振興を図るため「海外市場調査会」(現・日本貿易振興機構)を設立し、理事長となった。また、大正3年(1914)に設立された大阪貿易学院高等学校(現在の学校法人大阪貿易学院 開明中学校、高等学校)の再建に力を注ぎ、昭和25年に理事長・校長に就任した。 昭和39年に永眠し、山口県萩市杉家墓地に埋葬された、するが、生涯敬慕していた吉田松陰の墓より大きくしないようにという遺言を残した。墓には「杉家第八代。生涯松陰を敬慕。『祖先の墓より大きくしない』と遺言を残した」と書かれている。 大村益次郎卿殉難報國之碑の発起人、発起人兼賛助者の名前の中に、杉道助の名がある。

中大江・北大江エリアの史跡探訪レポート 21

大阪歴史散歩の会 中大江・北大江エリアの史跡探訪レポート 21

勤王僧 月性(げっしょう)寓居跡    中央区島町2-2-19(長光寺)


長光寺の前に「維新史蹟 贈正四位 僧月性 龍護遺跡 長光寺」と記載の石碑が建っている。
月性は文化4年(1817)周防国玖珂郡遠崎にある浄土真宗西本願寺派の光福寺で、僧侶の子として生まれた。早くから京都で僧侶の勉強を始め、そのほか江戸・大坂・長崎など遊学した。25歳に西洋文明に目覚め、自分の活躍の場を京・大坂と決め、叔父にあたる長光寺の住職 龍護を頼って来坂した。
長光寺は八軒家船着場から近く、当時は四階建ての庫裡を有する大きな寺だった。
龍護の紹介と思われるが、来坂後すぐに梅花社を開塾していた篠崎小竹に入門します。
月性が長光寺に居たのはわずか3ヶ月間で、難波橋の南詰にある書店 河内屋吉兵衛方へ転居した。
その後月性は、攘夷論を唱え、海防論を編纂し長州藩福原越後に上申して評価されています。それが縁で、吉田松陰とも親交を重ねることとなった。
在坂中に著した「仏法護国論」が西本願寺第20代法主 広如上人に認められ、京都での逗留が許され、在京の梅田雲浜、梁川星巌らと尊王攘夷運動に奔走した。
安政の大獄以降、郷里の周防に潜伏するが過労のため病死した。月性の果たせなかったことを長州の桂 小五郎、久坂玄瑞、高杉晋作らに引き継がれていった。
Resize0314

幕末の大坂を歩く(八重の桜編)

幕末の大坂を歩く(八重の桜編)

11月10日(日)、天満橋~北浜の幕末維新の史跡案内を行います。

今年の大河ドラマにあわせて、大阪にある新島八重のゆかりの地も訪ねます。

これまでの天満橋編をマイナーチェンジしての史跡案内です。

もちろん、復帰した「八軒家船着場の常夜燈」もコースに入ります。

さらに、明らかになった大阪会議ゆかりの地「三橋楼」跡も、存分に紹介させていただきます。

詳細はこちらです。

Resize0279


Photo

11月24日 大坂史跡探訪 ~緒方洪庵ゆかりの地~

大坂史跡探訪 ~緒方洪庵ゆかりの地~

11月24日(土)14時から史跡案内を行います。

テーマは緒方洪庵。

初めての試みですが、船場は商売の町であり学問の町でもありました。

淀屋橋~北浜にかけて緒方洪庵を主に史跡ガイドを行います。

これまでは茶谷さん、陸奥さんがガイドをされていましたが、今年は私が担当することになりました。私が担当する以上「osayan」のカラーを出したいと思います。

これまで紹介されていないスポットも紹介したいと思います。

応募はこちらから

大阪南部史跡探訪Vol.2 その5

大阪南部史跡探訪Vol.2 その5

平成21年(2009)10月25日に開催した大阪龍馬会イベント「大阪南部史跡探訪Vol.2」(参加者16名)を何回かに分けてアップいたします。

5回目は

・旧紀州街道

・旧新川家住宅

・吉田松陰宿泊の地 塩屋甚兵衛邸跡(久住清子邸)

・儒者 相馬九方住墓所(海渓寺)

・岸和田城

 幕末の岸和田藩

 岸和田だんじり祭り

・岸和田藩主岡部家御茶屋跡 五風荘

・岸城神社

・岸和田藩武家屋敷跡

をご紹介します。

詳細は下記をクリックしてください。

「vol.2-2009-10-25-5.pdf」をダウンロード

「vol.2-2009-10-25-6.pdf」をダウンロード

大阪南部史跡探訪Vol.2 その4

大阪南部史跡探訪Vol.2 その4

平成21年(2009)10月25日に開催した大阪龍馬会イベント「大阪南部史跡探訪Vol.2」(参加者16名)を何回かに分けてアップいたします。

4回目は

・力自慢の石

・旧新川家住宅

・勝 海舟、頼 山陽訪問の地 岸 琴泉(長五郎)邸跡

・岸 琴泉 墓所 (正覚寺)

・儒者 相馬九方住居跡

・吉田松陰訪問の地 岸和田藩講習館跡

・岸和田城下の欄干橋

をご紹介します。

詳細は下記をクリックしてください。

「vol.2-2009-10-25-4.pdf」をダウンロード

大阪南部史跡探訪Vol.2 その2

大阪南部史跡探訪Vol.2 その2

平成21年(2009)10月25日に開催した大阪龍馬会イベント「大阪南部史跡探訪Vol.2」(参加者16名)を何回かに分けてアップいたします。

2回目は

・降井家書院

・吉田松陰訪問の地 中 左近 邸跡(中家)

・橋本宗吉 電気実験の地(中家)

・井原西鶴著「日本永代蔵」ゆかりの地 廻船業の街 佐野

・食野家と唐金家について

をご紹介します。

詳細は下記をクリックしてください。

「vol.2-2009-10-25-2.pdf」をダウンロード

大阪南部史跡探訪Vol.2 その1

大阪南部史跡探訪Vol.2 その1

平成21年(2009)10月25日に開催した大阪龍馬会イベント「大阪南部史跡探訪Vol.2」(参加者16名)を何回かに分けてアップいたします。

1回目は

・イベントコース

・イベントに関連する勝 海舟の行動

・イベントに関連する吉田松陰の行動

をご紹介します。

「vol.2-2009-10-25-1.pdf」をダウンロード

大阪検定連携事業 大阪史跡探訪Vol.9 その6

大阪史跡探訪Vol.9 その6

平成21年(2009)3月29日、大阪龍馬会イベント「大阪史跡探訪Vol.8」(参加者34名)のわずか2週間後、

4月12日に開催した大阪検定連携事業「大阪史跡探訪Vol.9」(参加者39名)を何回かに分けてアップいたします。

6回目は

・吉田松陰訪問の地 後藤松陰の私塾「広業館」跡

 2人の松陰 対談の地

・淀屋小路跡

・淀屋の屋敷跡

・第15代大阪府知事 林 市蔵 像

・水戸藩蔵屋敷跡

をご紹介します。

詳細は下記をクリックしてください。

「vol.9(2009-4-12)-6.pdf」をダウンロード

大阪史跡探訪Vol.8 その5

大阪史跡探訪Vol.8 その5

平成21年(2009)3月29日に開催した大阪龍馬会イベント「大阪史跡探訪Vol.8」(参加者34名)を何回かに分けてアップいたします。

5回目は

・三菱発祥の地 岩崎家舊邸跡

・岩崎彌太郎

・司馬遼太郎旧居跡

・小説「竜馬がゆく」執筆の地

・西長堀と鰹座の跡

・鰹座発祥の地 鰹節問屋 山田屋跡

・薩摩藩蔵屋敷(下屋敷)跡

詳細は下記をクリックしてください。

「vol.8-2009-3-29-5.pdf」をダウンロード

その他のカテゴリー

BRIDGE | e-よこ会(東横堀川水辺再生協議会) | JASS | NHK「龍馬伝」関連 | NHK大河ドラマ主人公関連 | NHK大河ドラマ関連 | OSAYAN | osayan クイズコーナー | osayanの取材日記 | TSビル | あすなろ | お龍 | こめんと | アントニウス・ボードウィン | アーネスト・サトウ | オリジナルソング | クイズ | シーボルト | ハリー・パークス | プリンセストヨトミ | レトロ建築 | 三条実美 | 三橋楼跡 | 上島鬼貫 | 上町学プロジェクト | 中岡慎太郎 | 乾 十郎 | 五代友厚 | 井上馨 | 井伊直弼 | 井原西鶴 | 京街道 | 京都の史跡関連 | | 伊藤博文 | 伊達宗城 | 伊達宗広 | 会津藩 | 住友関連 | 佐久良東雄 | 佐賀藩関連 | 八軒家船着場跡 | 兵庫県知事 | 加藤清正 | 勝 海舟 | 勝小吉 | 北畠顕家 | 南方熊楠 | 原敬 | 句碑 | 司馬遼太郎 | 吉田松陰 | 和歌山の史跡関連 | 和歌山市の史跡 | 喜多俊之 | 土佐勤王党 | 土佐海援隊 | 土佐藩関連 | 土佐陸援隊 | 土居通夫 | 土方歳三 | 土浦藩 | 坂の上の雲 | 坂本龍馬 | 坂本龍馬の豆知識 | 堺事件 | 堺屋太一 | 夕陽丘 | 大久保利通 | 大坂の史跡紹介 | 大坂ゆかりの地 | 大坂城 | 大坂城代 | 大坂定番 | 大坂蔵屋敷関連 | 大坂銀座跡 | 大坂銅座跡 | 大塩平八郎 | 大村益次郎 | 大村藩関連 | 大石内蔵助 | 大阪まちあるきCUP | 大阪ハリストス正教会 | 大阪会議ゆかりの地 | 大阪城 | 大阪天満宮 | 大阪府知事 | 大阪旅めがね | 大阪歴史塾 | 大阪珍百景 | 大阪砲兵工廠 | 大阪龍馬会 | 天満橋 | 天誅組 | 天誅組関連 | 学生時代 | 宇和島藩関連 | 安藤忠雄 | 宣教師ニコライ | 専崎楼 | 専称寺 | 専稱寺 | 小松帯刀 | 尾張藩関連 | 山南 敬助 | 岩倉具視 | 岩崎彌太郎 | 岸和田の史跡関連 | 岸和田市の史跡 | 岸和田藩 | 島津久光 | 幕末の志士が歩いた大坂 | 幕臣関連 | 平 将門 | 平 清盛 | 彦根藩 | 後藤象二郎 | 後醍醐天皇 | 徳川光圀 | 徳川吉宗 | 徳川家光 | 徳川家康 | 徳川家茂 | 徳川慶喜 | 徳川斉昭 | 戦国大名 | 抜け穴 | 文化・芸術 | 文学碑 | 新婚旅行 | 新選組 | 明治以降の大阪 | 明治天皇 | 明治天皇碑 | 昭憲皇太后 | 東久世通禧 | 東海道五十七次 | 東郷平八郎 | 松尾芭蕉 | 松平容保 | 松平春嶽 | 松本重太郎 | 板垣退助 | 柴田勝家・お市の方 | 桂小五郎 | 桂小五郎・木戸孝允 | 桑名藩関連 | 楠木正成 | 楠木正行 | 武市半平太 | 歴史 | 歴史こぼれ話 | 水戸藩関連 | 江戸川乱歩 | 池内大学 | 沢辺琢磨 | 河井継之助 | 法性寺 | 浜口儀兵衛 | 海軍塾 | 清河八郎 | 源 義経 | 演劇 | 演劇集団キャラメルボックス | 濱﨑太平次 | 熊野街道 | 甲斐よしひろ | 真田幸村(信繁) | 石垣 | 石山本願寺 | 石田三成 | 砲台 | 神戸の史跡関連 | 神戸事件 | 神戸史跡 | 神戸史跡関連 | 神戸海軍塾 | 福澤諭吉 | 稱念寺 | 稲畑勝太郎 | 竜馬がゆく | 築地蟹島 | 紀州藩関連 | 紀州街道 | 緒方洪庵 | 織田信長 | 茶川一郎 | 蓮如上人 | 薩万 | 薩摩屋半兵衛 | 薩摩藩御用商人 | 薩摩藩関連 | 藤原家隆 | 西国街道 | 西大寺観音院 | 西郷吉之助 | 豊臣期の大坂 | 豊臣期の大坂を歩く | 豊臣秀吉 | 豊臣秀頼 | 赤穂義士ゆかりの地 | 足利尊氏 | 近藤 勇 | 近藤長次郎 | 追手門学院 | 適塾 | 金田一耕助 | 長岡藩関連 | 長州藩関連 | 関西大学 | 陸上競技部 | 陸奥宗光 | 雙松岡塾 | 難波宮 | 高島鞆之助 | 高杉晋作 | 高橋泥舟 | 黒田如水 | 黒田清隆 | 齢延寺 | 龍谷大学

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

osayan

  • osayan: osayanのアルバム http://www.voiceblog.jp/y-osayan/

最近のトラックバック

カテゴリー

microad