明治天皇

大坂の史跡探訪 Vol.4  大坂城

大坂の史跡探訪 Vol.4  大坂城

2015年6月14日に発刊。大阪龍馬会発刊の史跡ガイドブック連載のVol.4は「大坂城」です。

これまで以上にページ数が増え、115ページと史跡コースMAPの付録でついています。

詳しくは次のサイトへ  クリック

Resize1265

大阪城について 1

1. 大阪城公園駅                      中央区大阪城3-3

大坂城築城400年祭り開催に合わせて、昭和58年(1983)10月1日、JR(当時は国鉄)大阪環状線の森ノ宮駅と京橋駅の間に大阪城公園駅が開業した。
大阪環状線では唯一この駅のみが地平駅となっている(天王寺駅は上町台地の掘割部分にホームがあるため厳密には地平駅とはいえない)。
昭和7年に桃谷駅と猫間信号場間が高架化されているが、大阪砲兵工廠(現在の大阪城公園東部、大阪ビジネスパーク、吹田総合車両所森ノ宮支所など)の付近には線路を横断する道路はなく、砲兵工廠へ入る側線(廠内鉄道)との兼ね合いもあって高架化されなかった。なお、高架化されなかった理由に防諜説があるが、砲兵工廠の南端に開業した森ノ宮駅が開業当初から高架駅であることや、昭和17年9月に防諜の観点から大坂城内への一般の立入が禁止されるまで、大坂城天守から工廠内が丸見えであったことを考えると、防諜説はやや無理が生じると考えられる。

大阪史跡探訪Vol.18 

大阪史跡探訪Vol.18

2015年6月14日、大阪龍馬会主催の「大阪史跡探訪Vo.18」を開催することとなりました。

今回は、大坂夏の陣400年の舞台となった大坂城。豊臣秀頼が亡くなって400年です。

また、来年は第14代将軍徳川家茂が大坂城で亡くなって150年となります。

政治の行方を左右した重要拠点である大坂城に注目し、歴史散策を行います。

Resize1233

5月17日 史跡守口宿

5月17日 史跡守口宿

5月17日「史跡守口宿」のガイドを担当いたします長谷です。
今日、コースの確認と改めての下見をいたしましたが、思わぬ発見がありました。
文禄堤にある三好写真館等から、たくさんの貴重な情報をいただきました。桂小五郎宿泊の地(呉服商茜屋跡)。
守口漬を扱った徳永家本家跡。慶応4年3月22日、大坂行幸のため明治天皇が一泊した難宗寺、この寺には玉座が残されています。
非公開ですが、当日は見学をさせていただきます。司馬遼太郎住居跡(「梟の城」執筆の地)は守口市でした。
また、江戸川乱歩寓居跡の銘板のある場所は、謎かけです。この銘板を見つける確率はかなり低いと思います。当日は、参加者に見つけてもらおうと企画しています。

申し込みはこちら

続きを読む "5月17日 史跡守口宿" »

京都の幕末を歩く Vol.1 を実施します

京都の幕末を歩く Vol.1

JASS(会員制)から今年も史跡ガイドの依頼を頂戴しました。

これまで大阪市を中心に実施してきましたが。今年は京都の史跡ガイドを行います。

京都はガイドブックも豊富ですし、参加希望者が少ない可能性があります。

そこで、募集状況が芳しくない場合、会員以外の方にも募集をしたいと思います。

私が行う以上、他のガイドさんがたったことのない案内をしたいと思っています。

日時は2014年10月5日(日)10:00~16:00(昼食付)

10500565_776606852360061_4974056540

「大坂の史跡探訪 vol.3」

「大坂の史跡探訪 vol.3」

今年、発刊するシリーズものの「大坂の史跡探訪 vol.3」の原稿ができました。

発刊まで大阪龍馬会の編集スタッフにより、ページの校正や写真の配置、地図などを工夫していただき、5月25日の「大阪史跡探訪Vol.16」にあわせて発刊いたします。

史跡案内箇所は下記の写真のとおりです。

Resize0539

中大江・北大江エリアの史跡探訪レポート 8

大阪歴史散歩の会 中大江・北大江エリアの史跡探訪レポート 8

英照皇太后・昭憲皇太后 行啓之所                 

   中央区本町橋2-5(マイドーム大阪)

明治23年(1890)4月、美子皇后陛下(のちの昭憲皇太后)が、明治24年11月に英照皇太后がこの地にあった大阪博物場を行啓された。
(英照皇太后は孝明天皇のお妃、昭憲皇太后は明治天皇のお妃。)
昭憲皇太后行啓の際、木造瓦葺2階建ての聖堂である綿繍堂が新築され、当時の大阪府知事 西村捨三は「神聖である由緒ある建物は、永久に保存すべきである」と「綿繍堂記」に記している。昭憲皇太后は、明治期に女子教育、慈善事業に関心を持たれ、東京女学校への行啓をはじめ、東京慈恵医院や日本赤十字社の発展に貢献された。

Resize0262


Resize0264

<昭憲皇太后と坂本龍馬>
 昭憲皇太后(当時は皇后陛下)は、坂本龍馬とゆかりがある。
もちろん、二人は会ったことはない。
坂本龍馬が刺客の刃によって倒れてから、38年後の明治37年(1904)、日露戦争が勃発しかけた頃、昭憲皇太后の「霊夢事件」がおこった。
枕元に坂本龍馬が現れ「この度の海戦は、必ず皇国の勝利です。」と言って消えていった。真実味に欠ける話だが、藩閥政治に対して、当時の第三勢力だった土佐藩出身者たちの巻き返しであった策という説が高い。
京都東山霊山にある坂本龍馬の墓の傍らに、「贈正四位 坂本龍馬君忠魂碑」という碑がある。この碑は、明治37年11月、伏見の船宿寺田屋伊助が「霊夢事件」の内容を記し建立した。

下記の写真は、「明治37年紱(ふつ)乙夜(おつよ)之覧 坂本龍馬(ま)傳(でん)艸稿(そうこう)」という史料。
「乙夜之覧」とは、天使がご覧になるという意味であり、皇后に坂本龍馬の写真と伝記が献上された時の献上本である。

Resize0267


Resize0266


<昭憲皇太后陵>
明治天皇陵の東に昭憲皇太后陵が京都市伏見区にある。
豊臣秀吉が築いた伏見城の本丸跡に現在明治天皇陵が設けられた。明治天皇陵へ参拝するには大きな難関がある。230段もある長い石段がある。230段という石段の数の230段には意味がある。23ずつの石段が10に区切られ、それぞれの境は平らになっている。
23段の石段は明治23年を意味し、区切られた10は10月を示す。
さらに、最後の23段と御陵の前にある7段の石段を加えた30段は、30日を示す。これは明治23年10月30日発布の「教育勅語」を意味している。
Resize0268


Pict9121


Pict91361

明治天皇行幸の地 2

明治天皇行幸の地 2

難盛泉寺(東御坊) 内侍所奉安所跡     守口市浜町1-2-6

盛泉寺は、東本願寺の末寺で、慶長11年(1606)に教如上人が開基したと伝えられます。
たび重なる風水害がありましたが、現在の本堂は、天保6年(1835)に再建されたものです。
ここからすぐ西にある難宗寺(西御坊)に対して、東御坊と呼ばれるようになりました。
大塩平八郎が、内山彦次郎に宛てた長文の書状が、この寺に保存されています。
内山彦次郎は、大坂西町奉行所与力で大塩平八郎や新選組に関連のあつた人物です。
明治天皇大阪行幸(慶応4年3月)の折、この盛泉寺には、三種の
神器を祀る内侍所とされ、本堂前に神殿が建てられました。
この時三種の神器を入れるため、正門の横に重ねて新たに作られた表門は、「塀重門」と呼ばれています。

027


029


030


031


032


033


034


035

明治天皇行幸の地 1

明治天皇行幸の地 1

難宗寺(西御坊) 明治天皇守口行在所  守口市竜田通1-5-2

難宗寺は、蓮如上人が、文明9年(1477)に創立した守ロ御坊が始まりと伝えられ、慶長16年(1611)に本願寺掛所となり、ここからすぐ東にある盛泉寺(東御坊)に対して、西御坊と呼ばれるようになりました。
場所は、前記の「大塩ゆかりの書院Jからすぐ近くにあります。
慶応4年(1868)、鳥羽伏見の戦いで新政府軍が勝利し、幕府軍を追い詰め、勝海舟と西郷隆盛の歴史的会見が行われた頃、明治天皇の大阪行幸がありました。
その際、明治天皇は3月22日、守口で宿泊することになり宿泊先となつたのが難宗寺です。
難宗寺境内には、次頁のように「明治大帝聖跡」という大きな碑があり、「正三位大勲位侯爵松方正義謹書」という文字も確認できます。
また、門の前には案内板や「明治天皇守口行在所」という碑も建つています。
幕末の頃は京大坂間を幕府の閣僚も行き来していましたので、何人かは訪れたと考えられます。
難宗寺には樹齢400年と想定されるイチョウの大木があり、昭和50年、大阪府の指定天然記念物となつています。
今年は、江戸幕府開府400年にあたりますが、なお、生き続けていることを思うと感慨深くなります。

015


016


017


018


019


020


021


022


023


024


025


026

幕末の大坂を歩く(八重の桜編)

幕末の大坂を歩く(八重の桜編)

11月10日(日)、天満橋~北浜の幕末維新の史跡案内を行います。

今年の大河ドラマにあわせて、大阪にある新島八重のゆかりの地も訪ねます。

これまでの天満橋編をマイナーチェンジしての史跡案内です。

もちろん、復帰した「八軒家船着場の常夜燈」もコースに入ります。

さらに、明らかになった大阪会議ゆかりの地「三橋楼」跡も、存分に紹介させていただきます。

詳細はこちらです。

Resize0279


Photo

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

BRIDGE | e-よこ会(東横堀川水辺再生協議会) | JASS | NHK「龍馬伝」関連 | NHK大河ドラマ主人公関連 | NHK大河ドラマ関連 | OSAYAN | osayan クイズコーナー | osayanの取材日記 | TSビル | あすなろ | お龍 | こめんと | アントニウス・ボードウィン | アーネスト・サトウ | オリジナルソング | クイズ | シーボルト | ハリー・パークス | プリンセストヨトミ | レトロ建築 | 三条実美 | 三橋楼跡 | 上島鬼貫 | 上町学プロジェクト | 中岡慎太郎 | 乾 十郎 | 五代友厚 | 井上馨 | 井伊直弼 | 井原西鶴 | 京街道 | 京都の史跡関連 | | 伊藤博文 | 伊達宗城 | 伊達宗広 | 会津藩 | 住友関連 | 佐久良東雄 | 佐賀藩関連 | 八軒家船着場跡 | 兵庫県知事 | 加藤清正 | 勝 海舟 | 勝小吉 | 北畠顕家 | 南方熊楠 | 原敬 | 句碑 | 司馬遼太郎 | 吉田松陰 | 和歌山の史跡関連 | 和歌山市の史跡 | 喜多俊之 | 土佐勤王党 | 土佐海援隊 | 土佐藩関連 | 土佐陸援隊 | 土居通夫 | 土方歳三 | 土浦藩 | 坂の上の雲 | 坂本龍馬 | 坂本龍馬の豆知識 | 堺事件 | 堺屋太一 | 夕陽丘 | 大久保利通 | 大坂の史跡紹介 | 大坂ゆかりの地 | 大坂城 | 大坂城代 | 大坂定番 | 大坂蔵屋敷関連 | 大坂銀座跡 | 大坂銅座跡 | 大塩平八郎 | 大村益次郎 | 大村藩関連 | 大石内蔵助 | 大阪まちあるきCUP | 大阪ハリストス正教会 | 大阪会議ゆかりの地 | 大阪城 | 大阪天満宮 | 大阪府知事 | 大阪旅めがね | 大阪歴史塾 | 大阪珍百景 | 大阪砲兵工廠 | 大阪龍馬会 | 天満橋 | 天誅組 | 天誅組関連 | 学生時代 | 宇和島藩関連 | 安藤忠雄 | 宣教師ニコライ | 専崎楼 | 専称寺 | 専稱寺 | 小松帯刀 | 尾張藩関連 | 山南 敬助 | 岩倉具視 | 岩崎彌太郎 | 岸和田の史跡関連 | 岸和田市の史跡 | 岸和田藩 | 島津久光 | 幕末の志士が歩いた大坂 | 幕臣関連 | 平 将門 | 平 清盛 | 彦根藩 | 後藤象二郎 | 後醍醐天皇 | 徳川光圀 | 徳川吉宗 | 徳川家光 | 徳川家康 | 徳川家茂 | 徳川慶喜 | 徳川斉昭 | 戦国大名 | 抜け穴 | 文化・芸術 | 文学碑 | 新婚旅行 | 新選組 | 明治以降の大阪 | 明治天皇 | 明治天皇碑 | 昭憲皇太后 | 東久世通禧 | 東海道五十七次 | 東郷平八郎 | 松尾芭蕉 | 松平容保 | 松平春嶽 | 松本重太郎 | 板垣退助 | 柴田勝家・お市の方 | 桂小五郎 | 桂小五郎・木戸孝允 | 桑名藩関連 | 楠木正成 | 楠木正行 | 武市半平太 | 歴史 | 歴史こぼれ話 | 水戸藩関連 | 江戸川乱歩 | 池内大学 | 沢辺琢磨 | 河井継之助 | 法性寺 | 浜口儀兵衛 | 海軍塾 | 清河八郎 | 源 義経 | 演劇 | 演劇集団キャラメルボックス | 濱﨑太平次 | 熊野街道 | 甲斐よしひろ | 真田幸村(信繁) | 石垣 | 石山本願寺 | 石田三成 | 砲台 | 神戸の史跡関連 | 神戸事件 | 神戸史跡 | 神戸史跡関連 | 神戸海軍塾 | 福澤諭吉 | 稱念寺 | 稲畑勝太郎 | 竜馬がゆく | 築地蟹島 | 紀州藩関連 | 紀州街道 | 緒方洪庵 | 織田信長 | 茶川一郎 | 蓮如上人 | 薩万 | 薩摩屋半兵衛 | 薩摩藩御用商人 | 薩摩藩関連 | 藤原家隆 | 西国街道 | 西大寺観音院 | 西郷吉之助 | 豊臣期の大坂 | 豊臣期の大坂を歩く | 豊臣秀吉 | 豊臣秀頼 | 赤穂義士ゆかりの地 | 足利尊氏 | 近藤 勇 | 近藤長次郎 | 追手門学院 | 追手門学院 大阪城スクエア | 適塾 | 金田一耕助 | 長岡藩関連 | 長州藩関連 | 関西大学 | 陸上競技部 | 陸奥宗光 | 雙松岡塾 | 難波宮 | 高島鞆之助 | 高杉晋作 | 高橋泥舟 | 黒田如水 | 黒田清隆 | 齢延寺 | 龍谷大学

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

osayan

  • osayan: osayanのアルバム http://www.voiceblog.jp/y-osayan/

最近のトラックバック

カテゴリー

microad