OSAYAN情報

フォト
無料ブログはココログ

上町学プロジェクト

大坂の史跡探訪 Vol.4  大坂城

大坂の史跡探訪 Vol.4  大坂城

2015年6月14日に発刊。大阪龍馬会発刊の史跡ガイドブック連載のVol.4は「大坂城」です。

これまで以上にページ数が増え、115ページと史跡コースMAPの付録でついています。

詳しくは次のサイトへ  クリック

Resize1265

今年のBEST3 第2位 私の執筆した原稿が本になりました。

上町学 再発見・古都おおさか

 2009年9月15日、「陸奥一族とゆかりの絶景」というタイトルで執筆した内容が産経新聞夕刊で掲載されたのは随分昔のような気がします。

 東京出張の帰り新幹線の中で、多くの友人から携帯にメールが入りました。「おさやん! 新聞に載ってたよ!」

 新大阪に着いて真っ先に売店に新聞を買い、確かめたのを覚えています。体調は絶不調のときでしたが・・・

 学校法人追手門学院が取り組んでいた「上町学プロジェクト」。数多くの方々が執筆され、毎週火曜日の産経新聞夕刊に連載されていたものが今回「本」となって出版に至りました。

 私が書いた頃の「陸奥家墓所跡」は殆んどの方に知られず見過ごされる場所でしたが、昨年、O野さんが石碑と銘板を寄贈され、少しずつ知られるようになって来ました。

 この本には、お世話になっている職場の理事長をはじめ執行部・教授・職員の諸先輩が執筆されていて、それぞれの観点で書かれているところがおもしろいところです。

 そればかりか、私事でお世話になっている山根さんの執筆も掲載されています。

 発売:産経新聞出版 2000円

 発行:学校法人追手門学院

 「IMG.pdf」をダウンロード

Dsc050830001 Dsc050850002_2

私の執筆した文章が初めて本になりました。

上町学 再発見・古都おおさか

 2009年9月15日、「陸奥一族とゆかりの絶景」というタイトルで執筆した内容が産経新聞夕刊で掲載されたのは随分昔のような気がします。

 東京出張の帰り新幹線の中で、多くの友人から携帯にメールが入りました。「おさやん! 新聞に載ってたよ!」

 新大阪に着いて真っ先に売店に新聞を買い、確かめたのを覚えています。体調は絶不調のときでしたが・・・

 学校法人追手門学院が取り組んでいた「上町学プロジェクト」。数多くの方々が執筆され、毎週火曜日の産経新聞夕刊に連載されていたものが今回「本」となって出版に至りました。

 私が書いた頃の「陸奥家墓所跡」は殆んどの方に知られず見過ごされる場所でしたが、昨年、O野さんが石碑と銘板を寄贈され、少しずつ知られるようになって来ました。

 この本には、お世話になっている職場の理事長をはじめ執行部・教授・職員の諸先輩が執筆されていて、それぞれの観点で書かれているところがおもしろいところです。

 そればかりか、私事でお世話になっている山根さんの執筆も掲載されています。

 発売:産経新聞出版 2000円

 発行:学校法人追手門学院

 「IMG.pdf」をダウンロード

Dsc050830001 Dsc050850002_2

 

「上町学プロジェクト」の街歩き

「上町学プロジェクト」の街歩き

 学校法人追手門学院で推進中の「上町学プロジェクト」で下記テーマの街歩きが決まり参加者を募っています。

 歌舞伎の古都を巡る~名作所縁の地を歩く~

 詳しくは

 http://www.otemon-osakajo.jp/uemachi/event/index.html

 を御覧ください。

 講師は河内厚郎氏(追手門学院大学客員教授、関西経済同友会幹事)。

 生國魂神社にある井原西鶴像のモデルになった方でもあります。

 私の「夕陽丘コース」とは違ったコースで視点も違います。

 ぜひご参加ください。(参加費は無料です)

 

大阪旅めがねでおなじみの山根さんの執筆が産経新聞に掲載

上町プロジェクト 

 大阪旅めがねのプロデューサーである山根さんの執筆が、産経新聞で連載されている「上町に学ぶ古都おおさか 空堀  ロマンに満ちた長屋文化」というテーマです。

 空堀を詳しく知りたい方は、ぜひ大阪旅めがねの「空堀エリア」のツアーにお申し込みください。

 http://210.172.58.101/blog/tabimegane/area/karahori/karahori090801.html

 さて、記事の内容は、早速、追手門学院のWEBでの掲示板で公表されました。新聞に掲載されていた写真は割愛されています。

 「2010.01.19.doc」をダウンロード

 

上町学プロジェクト

 大阪の上町台地について、毎週火曜日産経新聞の夕刊に連載しております。

 これまで執筆者は、追手門学院の理事、卒業生、教職員、学院関係、同地域の著名人が毎週入れ替わり掲載しています。

 私も毎週火曜日は、産経新聞の夕刊を購入するのが習性になりました。

上町学プロジェクト

今回のテーマは、国際日本文化研究センター笠谷教授による「なぜ大坂の陣が起こったのか」という講演と講談師旭堂南陵氏による「真田幸村の入城」講談が、追手門学院主催で、同学院の大阪城スクエア(大阪城天守閣がまじかに見えるホール)で開催されました。徳川家康の乗った籠に後藤又兵衛襲い掛かり家康は堺で命途絶えたという伝説は有名ですが、なんと大阪城天守閣学芸員のK氏が、日光東照宮よりその襲われた籠を発見されたそうです(2年前)。
堺市の南宗寺には昔からある家康の墓が存在するのも、まんざらこの話は創作でもないか0003 0002 0001 も知れませんね。真田幸村が作った「真田丸(出城)」の碑もできていました。
また、千 利休屋敷跡、前田利家邸跡(現、大阪女学院で利家終焉の地にも該当する)も三の丸内にありました。

その他のカテゴリー

BRIDGE e-よこ会(東横堀川水辺再生協議会) JASS NHK「龍馬伝」関連 NHK大河ドラマ主人公関連 NHK大河ドラマ関連 OSAYAN osayan クイズコーナー osayanの取材日記 TSビル あすなろ お龍 こめんと アントニウス・ボードウィン アーネスト・サトウ オリジナルソング クイズ シーボルト ハリー・パークス プリンセストヨトミ レトロ建築 三条実美 三橋楼跡 上島鬼貫 上町学プロジェクト 中岡慎太郎 乾 十郎 五代友厚 井上馨 井伊直弼 井原西鶴 京街道 京都の史跡関連 伊藤博文 伊達宗城 伊達宗広 会津藩 住友関連 佐久良東雄 佐賀藩関連 八軒家船着場跡 兵庫県知事 加藤清正 勝 海舟 勝小吉 北畠顕家 南方熊楠 原敬 句碑 司馬遼太郎 吉田松陰 和歌山の史跡関連 和歌山市の史跡 喜多俊之 土佐勤王党 土佐海援隊 土佐藩関連 土佐陸援隊 土居通夫 土方歳三 土浦藩 坂の上の雲 坂本龍馬 坂本龍馬の豆知識 堺事件 堺屋太一 夕陽丘 大久保利通 大坂の史跡紹介 大坂ゆかりの地 大坂城 大坂城代 大坂定番 大坂蔵屋敷関連 大坂銀座跡 大坂銅座跡 大塩平八郎 大村益次郎 大村藩関連 大石内蔵助 大阪あそ歩 大阪まちあるきCUP 大阪ハリストス正教会 大阪会議ゆかりの地 大阪城 大阪天満宮 大阪府知事 大阪旅めがね 大阪歴史塾 大阪珍百景 大阪砲兵工廠 大阪龍馬会 天満橋 天誅組 天誅組関連 学生時代 宇和島藩関連 安藤忠雄 宣教師ニコライ 専崎楼 専称寺 専稱寺 小松帯刀 尾張藩関連 山南 敬助 岩倉具視 岩崎彌太郎 岸和田の史跡関連 岸和田市の史跡 岸和田藩 島津久光 幕末の志士が歩いた大坂 幕臣関連 平 将門 平 清盛 彦根藩 後藤象二郎 後醍醐天皇 徳川光圀 徳川吉宗 徳川家光 徳川家康 徳川家茂 徳川慶喜 徳川斉昭 戦国大名 抜け穴 文化・芸術 文学碑 新婚旅行 新選組 旧街道・城下町を歩く 明治以降の大阪 明治天皇 明治天皇碑 昭憲皇太后 東久世通禧 東海道五十七次 東郷平八郎 松尾芭蕉 松平容保 松平春嶽 松本重太郎 板垣退助 柴田勝家・お市の方 桂小五郎 桂小五郎・木戸孝允 桑名藩関連 楠木正成 楠木正行 武市半平太 歴史 歴史こぼれ話 水戸藩関連 江戸川乱歩 池内大学 沢辺琢磨 河井継之助 法性寺 浜口儀兵衛 海軍塾 清河八郎 源 義経 演劇 演劇集団キャラメルボックス 濱﨑太平次 熊野街道 甲斐よしひろ 真田幸村(信繁) 石垣 石山本願寺 石田三成 砲台 神戸の史跡関連 神戸事件 神戸史跡 神戸史跡関連 神戸海軍塾 福澤諭吉 稱念寺 稲畑勝太郎 竜馬がゆく 築地蟹島 紀州藩関連 紀州街道 緒方洪庵 織田信長 茶川一郎 蓮如上人 薩万 薩摩屋半兵衛 薩摩藩御用商人 薩摩藩関連 藤原家隆 西国街道 西大寺観音院 西郷吉之助 豊臣期の大坂 豊臣期の大坂を歩く 豊臣秀吉 豊臣秀頼 赤穂義士ゆかりの地 足利尊氏 近藤 勇 近藤長次郎 追手門学院 追手門学院 大阪城スクエア 適塾 金田一耕助 長岡藩関連 長州藩関連 関西大学 陸上競技部 陸奥宗光 雙松岡塾 難波宮 高島鞆之助 高杉晋作 高槻 高橋泥舟 黒田如水 黒田清隆 齢延寺 龍谷大学

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

osayan

  • osayan: osayanのアルバム http://www.voiceblog.jp/y-osayan/

最近のトラックバック

カテゴリー

microad