« BRIDGEとの出会い④ | トップページ

BRIDGEとの出会い⑤

BRIDGEを目指して

 BRIDGEの興奮はずいぶん長く続いた。同じく感動した友人も「あんな芝居を観たい、やりたい、作りたい」と話し合うようになり、いつしか「劇団BRIDGE」を10名弱のメンバーで結成することとなった。
 半年後の9月、ランニングシアターダッシュの公演「胸騒ぎ」を観た。
 演出はBRIDGEを演出していた大塚さん。
 BRIDGEと同じ路線の芝居だった。
 一緒に観に行ったメンバーの一人はBRIDGEを観ておらず、大塚作品を見るのがはじめてであったが、終了後、非常に興奮していたのを今でも覚えている。
 終演後、ロビーでは「BRIDGE」の上演台本が販売されいたので購入した。
 売り場の側に大塚さんが立っていたので思わず声をかけた。
 「BRIDGEを観てファンになりました。サインいただけますか?」
 大塚さんは芸能人のようなサインは考えていらっしゃらず「僕ぅ、サインってないんですよ~」
と困っておられ、普通に大塚雅史と署名をしてもらった。

Bridge0001

« BRIDGEとの出会い④ | トップページ

BRIDGE」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: BRIDGEとの出会い⑤:

« BRIDGEとの出会い④ | トップページ

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

osayan

  • osayan: osayanのアルバム http://www.voiceblog.jp/y-osayan/

最近のトラックバック

カテゴリー

microad