« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »

2015年6月

大阪城について 2

大阪城公園駅 陶板レリーフ             中央区大阪城3-3

Resize1234

Resize1235

Resize1236

Resize1237

Resize1238

Resize1239

大阪城公園駅開業を記念し、大坂の文化や歴史を後世に末永く語り伝えるモニュメンタルな作品として企画されたのが、当駅の吹き抜けコンコースの周囲を飾る大壁画、陶板レリーフと文章陶板である。
壮麗なレリーフ「なにわの精華」を描いたのは、若いころ大阪で育ち、日本画の大家だった西山英雄画伯である。画伯は大阪城が栄えていた頃の安土桃山時代の風物にヒントを得て、「職人尽し」「醍醐の花見と南蛮文化」「賤ヶ岳の合戦」の三部作が駅の壁面に掲げられた。ごく限られた色数しか使っていないのにもかかわらず、力強い印象をもたらす作品が好評である。

大阪城について 1

1. 大阪城公園駅                      中央区大阪城3-3

大坂城築城400年祭り開催に合わせて、昭和58年(1983)10月1日、JR(当時は国鉄)大阪環状線の森ノ宮駅と京橋駅の間に大阪城公園駅が開業した。
大阪環状線では唯一この駅のみが地平駅となっている(天王寺駅は上町台地の掘割部分にホームがあるため厳密には地平駅とはいえない)。
昭和7年に桃谷駅と猫間信号場間が高架化されているが、大阪砲兵工廠(現在の大阪城公園東部、大阪ビジネスパーク、吹田総合車両所森ノ宮支所など)の付近には線路を横断する道路はなく、砲兵工廠へ入る側線(廠内鉄道)との兼ね合いもあって高架化されなかった。なお、高架化されなかった理由に防諜説があるが、砲兵工廠の南端に開業した森ノ宮駅が開業当初から高架駅であることや、昭和17年9月に防諜の観点から大坂城内への一般の立入が禁止されるまで、大坂城天守から工廠内が丸見えであったことを考えると、防諜説はやや無理が生じると考えられる。

三橋楼とハリストス正教会 写真パネル展 開催 

大阪大空襲70年 

「石町一丁目の歴史  ~三橋楼とハリストス正教会」

2015年6月7日は、70年前の大阪大空襲の際に、同教会の聖堂が焼失されるなど大きな被害を受けました。

70年目という節目に、犠牲者の慰霊と平和の祈願のため、吹田市に移転した大阪ハリストス正教会の主催により、エル大阪で写真パネル展が開催されます。

ぜひ、お見逃しなく。

Resize1230

« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

osayan

  • osayan: osayanのアルバム http://www.voiceblog.jp/y-osayan/

最近のトラックバック

カテゴリー

microad