« 2014年に実施した 史跡ガイド | トップページ | 坂本龍馬訪問の地 藤井宿 »

坂本龍馬 宿泊の地 備前西大寺

坂本龍馬 宿泊の地 備前西大寺

慶応元年6月14日(1865年8月5日)、中岡慎太郎の日記「海西雑記」によると備前西大寺に、坂本龍馬と中岡慎太郎が宿泊したと記されています。

幕末の動乱期、禁門の変で長州藩は破れ、賊軍となります。そのとき、幕府側に加勢した薩摩藩は長州藩を一気に滅ぼす意見を西郷吉之助を中心に意見します。しかし、薩摩藩藩主の父である島津久光は、長州藩と手を結ぶべきという考えになっていて、鹿児島から西郷に自粛するよう働きかけます。西郷は、それでも長州征伐を唱えたため、鹿児島に呼び戻されます。

このような時期に、薩摩藩と長州藩以外の藩士や浪士らの志士たちが、薩長同盟を画策し奔走しました。中岡慎太郎は鹿児島に行き西郷を説得させ下関にtれてくる役目を、薩摩藩に苦い思いをさせられた長州藩に薩摩藩と手を握ることが良策であると説得する役割を坂本龍馬が担いました。

慶応元年閏5月、下関において両藩の同盟に向けた会談が持たれることとなり、桂小五郎ら長州藩側は、薩摩藩の西郷喜之助の来訪を待ちました。

しかし、急用ができ上京するという理由で、西郷は下関によらず上京し、下野出木の会談はなくなり、長州藩側は更にさつまはんに苦い思いをさせられることとなりました。そこで坂本龍馬と中岡慎太郎は再度仲介役という任務で、教頭に居る西郷を訪ねる為、下関から京に向かいます。

その途中、天候が悪く海路を断念した両者は、6月14日、西大寺(西大寺観音院)で宿泊をし、翌日には藤井宿に赴きます。

西大寺はJR岡山駅からJR西大寺駅まで赤穂線でおよそ20分のところにあり、岡山市東区に該当します。駅から徒歩15分位のところです。

寺院は立派な建物でした。

Resize0906Resize0905Resize0881_2Resize0882_2

Resize0884_2Resize0883_2Resize0890_2Resize0891_2Resize0897Resize0898Resize0893_2Resize0900Resize0907Resize0885_2Resize0886_2

 

 











« 2014年に実施した 史跡ガイド | トップページ | 坂本龍馬訪問の地 藤井宿 »

中岡慎太郎」カテゴリの記事

坂本龍馬」カテゴリの記事

島津久光」カテゴリの記事

桂小五郎」カテゴリの記事

桂小五郎・木戸孝允」カテゴリの記事

西大寺観音院」カテゴリの記事

西郷吉之助」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1255710/58897023

この記事へのトラックバック一覧です: 坂本龍馬 宿泊の地 備前西大寺:

« 2014年に実施した 史跡ガイド | トップページ | 坂本龍馬訪問の地 藤井宿 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

osayan

  • osayan: osayanのアルバム http://www.voiceblog.jp/y-osayan/

最近のトラックバック

カテゴリー

microad