OSAYAN情報

フォト
無料ブログはココログ

« 中大江・北大江エリアの史跡探訪レポート 25 | トップページ | 大坂城~大阪城の歴史 »

慶応3年11月15日(1867年12月10日火曜日)

慶応3年11月15日坂本龍馬・中岡慎太郎遭難之地(近江屋跡)

この日は坂本龍馬が刺客に襲われ落命した日。
河原町通りにあった坂本龍馬と中岡慎太郎が遭難した醤油商・近江屋だった。現在立っている石碑は近江屋跡の隣の家屋前に該当する。(水島善三郎邸跡)。
坂本龍馬は、寓居先を酢屋(のちに後述)から近江屋へ変更したのが、慶応3年10月13日。
折しも二条城に各藩の重臣を集め15代将軍 徳川慶から「大政奉還」受諾の諮問書が示された日である。翌日、朝廷へ「大政奉還」を上奏した。
龍馬は大政奉還が成ったことをここ近江屋で聞いた。
龍馬は、徳川慶喜の英断を大きく評価した。
大政奉還を朝廷が受理して以来、會津藩では大政奉還に尽力した薩摩藩や土佐藩に敵意を感じ不穏な動きを始める。岩倉具視はこの不穏な動きを察知し、薩摩藩の小松帯刀、西郷吉之助、大久保一蔵らに一刻も早く京都から退去するよう警告の手紙を出している。
西郷らは岩倉の忠告に従い、小松、大久保と共に帰国をした。會津では標的に逃げられ、矛先が変更され、ガードの甘かった坂本龍馬に向けられることとなる。龍馬の友人である薩摩藩 吉井幸輔は身の危険を手紙で知らせているが、龍馬は寓居先を変えなかった。
慶応3年11月15日(西暦1867年12月10日火曜日)。近江屋の母屋で龍馬と中岡慎太郎が対談していた。腹が減ったのでたまたま近江屋に来ていた菊屋峯吉に軍鶏を買いに走らせた。峯吉が出てすぐに京都見廻組に数名が、「十津川郷士」と偽って名乗り、龍馬に面会を求めた。取り次いだ下僕 藤吉は2人がいる2階へ上がっていった。1階に見張りを残し実行犯たちはそのまま彼に気づかれず追いていった。藤吉は来客があり面会求めていることを龍馬に告げ、下に戻ろうしたところ、実行犯の侵入と遭遇し、藤吉は不意打ちにより斬られる。体が大きい藤吉が倒れたことにより大きな物音がした。
これに対して龍馬が「ほたえな!」と注意したといわれる。
声の出所が分かった実行犯は、部屋に入り「坂本さん、お久しぶりです」と言ったという。「はて、どなたでしたか?」と龍馬が聞き返したので、この者が龍馬と判断し、刀を抜き龍馬の前額を抜き打ちざまに真横に払った。実行犯の一人が「こなくそ!」と言って、中岡の後頭部を斬りつけた。
龍馬は初太刀を深く受けながらも床の間にあった刀を取ろうとし、身をひねったところに右肩先から袈裟懸けに斬られた。続けざまに降りかかる次の太刀を取った刀を鞘のまま受け止めた。実行犯の刀勢はあり余って龍馬の前額を薙ぎ払った。このため脳漿が噴出した。「石川(中岡の変名)、刀はないか」と叫びつつ倒れこんだ。
中岡も短刀で鞘のまま切り込んでくるのを必死に防ごうとしたが、初太刀が深手で、その後手や足をさらに薙ぎ払われた。
実行犯は最後の止めを刺さず退去した。
龍馬はその後蘇生したが、中岡に容態はどうか声をかけ、自分は「脳をやられたのでもういかん」と言い残し絶命した。享年33歳。
軍鶏を買いに行っていた峯吉が戻り、惨事に気づき、凶報を知らせるため各所へまわった。駆け付けた谷干城らに中岡は、襲撃の経緯を語った。
中岡も2日後に亡くなった。享年30歳
当初の犯行は新選組説が高かった。明治3年、元京都見廻組隊士今井信郎の自供により京都見廻組説となった。薩摩藩黒幕説をなぜかテレビ。映画で取り上げられるが、根拠のない説である。

« 中大江・北大江エリアの史跡探訪レポート 25 | トップページ | 大坂城~大阪城の歴史 »

坂本龍馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 慶応3年11月15日(1867年12月10日火曜日):

« 中大江・北大江エリアの史跡探訪レポート 25 | トップページ | 大坂城~大阪城の歴史 »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

osayan

  • osayan: osayanのアルバム http://www.voiceblog.jp/y-osayan/

最近のトラックバック

カテゴリー

microad