« 旧真田山陸軍墓地 / 豊臣期の大坂を歩く 夏の陣vol.Ⅲ レポート(2) | トップページ | 京都見廻組 桂 早之助、渡邊吉太郎墓所 心眼寺 / 豊臣期の大坂を歩く 夏の陣vol.Ⅲ レポート(4) »

真田丸(真田の出丸)跡/真田山心眼寺 / 豊臣期の大坂を歩く 夏の陣vol.Ⅲ レポート(3)

豊臣期の大坂を歩く 夏の陣vol.Ⅲ レポート(3)

真田丸(真田の出丸)跡/真田山心眼寺

心眼寺は、元和8年(1622)4月、真田幸村(信繁)とその子大助の冥福を祈るため、真田幸村が築いた「真田の出丸」と呼ばれる砦の跡地に、白牟和尚によって創建された。
心眼寺の定紋は真田家の六文銭に定められ、山号は真田山となっている。
真田丸(真田の出丸)は東西2つの郭で構成され、広範囲にわたる砦だった。
西側の郭は、南面を半月状の頑丈な柵で固められていた。東側の郭は、堀の内側に塀を建て連ねた構えとなっていた。
慶長19年(1614)大坂冬の陣の際、真田幸村率いる豊臣軍は、徳川軍の松平忠直、井伊直孝、前田利常、藤堂高虎らをここで迎え撃ち勝利している。

Dsc02326 Dsc02327 Dsc02328 Dsc02329

« 旧真田山陸軍墓地 / 豊臣期の大坂を歩く 夏の陣vol.Ⅲ レポート(2) | トップページ | 京都見廻組 桂 早之助、渡邊吉太郎墓所 心眼寺 / 豊臣期の大坂を歩く 夏の陣vol.Ⅲ レポート(4) »

大坂の史跡紹介」カテゴリの記事

大坂城」カテゴリの記事

戦国大名」カテゴリの記事

真田幸村(信繁)」カテゴリの記事

豊臣期の大坂を歩く」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1255710/47093549

この記事へのトラックバック一覧です: 真田丸(真田の出丸)跡/真田山心眼寺 / 豊臣期の大坂を歩く 夏の陣vol.Ⅲ レポート(3):

« 旧真田山陸軍墓地 / 豊臣期の大坂を歩く 夏の陣vol.Ⅲ レポート(2) | トップページ | 京都見廻組 桂 早之助、渡邊吉太郎墓所 心眼寺 / 豊臣期の大坂を歩く 夏の陣vol.Ⅲ レポート(4) »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

osayan

  • osayan: osayanのアルバム http://www.voiceblog.jp/y-osayan/

最近のトラックバック

カテゴリー

microad