« 極楽橋 / 豊臣期の大坂を歩く 夏の陣vol.Ⅱ レポート(23) | トップページ | 真田の抜け穴跡・真田幸村像 / 豊臣期の大坂を歩く 夏の陣vol.Ⅲ レポート(1) »

大阪砲兵工廠跡 / 豊臣期の大坂を歩く 夏の陣vol.Ⅱ レポート(24)

豊臣期の大坂を歩く 夏の陣vol.Ⅱ レポート(24)

大阪砲兵工廠跡

大阪砲兵工廠は明治3年(1870)「造幣司」という名称で、大阪城三の丸米倉跡に設置された。同5年(1872)「大砲製造所」、同8年(1875)「砲兵第二方面内砲兵支廠」、同12年(1879)「大阪砲兵工廠」と名称が変わった。
政府(陸軍)直属の兵器製造工場で、大砲、重兵器、爆弾、戦車などを製造していた。
終戦直前では6万4千人近くがここで働いていた。終戦の前日である昭和20年(1945)8月14日の大空襲により、完全に破壊されました。
多くの犠牲者を出した。大阪砲兵工廠本部があった場所は、現在、大阪城ホールがある場所に該当する。                 003

Dsc05377 Dsc05376

098 099 002 Dsc00291

« 極楽橋 / 豊臣期の大坂を歩く 夏の陣vol.Ⅱ レポート(23) | トップページ | 真田の抜け穴跡・真田幸村像 / 豊臣期の大坂を歩く 夏の陣vol.Ⅲ レポート(1) »

大坂の史跡紹介」カテゴリの記事

大阪砲兵工廠」カテゴリの記事

明治天皇」カテゴリの記事

豊臣期の大坂を歩く」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1255710/47001465

この記事へのトラックバック一覧です: 大阪砲兵工廠跡 / 豊臣期の大坂を歩く 夏の陣vol.Ⅱ レポート(24):

« 極楽橋 / 豊臣期の大坂を歩く 夏の陣vol.Ⅱ レポート(23) | トップページ | 真田の抜け穴跡・真田幸村像 / 豊臣期の大坂を歩く 夏の陣vol.Ⅲ レポート(1) »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

osayan

  • osayan: osayanのアルバム http://www.voiceblog.jp/y-osayan/

最近のトラックバック

カテゴリー

microad