OSAYAN情報

フォト
無料ブログはココログ

« 豊臣期の大坂を歩く 夏の陣vol.Ⅱ レポート(17) | トップページ | 徳川期の大坂城天守閣跡 / 豊臣期の大坂を歩く 夏の陣vol.Ⅱ レポート(19) »

豊臣期の大坂を歩く 夏の陣vol.Ⅱ レポート(18) 現在の大阪城天守閣

豊臣期の大坂を歩く 夏の陣vol.Ⅱ レポート(18)

現在の大阪城天守閣

 昭和3年(1930)11月、昭和天皇即位の式典が行われるにあたり、大阪市の記念事業として、寛文5年(1665)1月の落雷で焼失して以来約270年間失っていた天守閣の復興が、第7代大阪市長 関 一(せき はじめ)氏により大阪市議会に提案され、満場一致で可決された。

昭和3年8月から寄付金を募集し、早くも翌年の2月に目標額の150万円に到達し最も多く寄付をした人は、住友財閥の住友吉右衛門氏で25万円。続いて、三菱財閥の岩崎小彌太氏で5万円。

昭和5年(1932)5月6日に起工し、翌年の昭和6年10月30日に竣工した。

039 Dsc01640

« 豊臣期の大坂を歩く 夏の陣vol.Ⅱ レポート(17) | トップページ | 徳川期の大坂城天守閣跡 / 豊臣期の大坂を歩く 夏の陣vol.Ⅱ レポート(19) »

大坂の史跡紹介」カテゴリの記事

大阪城」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

« 豊臣期の大坂を歩く 夏の陣vol.Ⅱ レポート(17) | トップページ | 徳川期の大坂城天守閣跡 / 豊臣期の大坂を歩く 夏の陣vol.Ⅱ レポート(19) »

2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

osayan

  • osayan: osayanのアルバム http://www.voiceblog.jp/y-osayan/

最近のトラックバック

カテゴリー

microad