OSAYAN情報

フォト
無料ブログはココログ

« 豊臣期の大坂を歩く 夏の陣vol.1 レポート(21) 坂本龍馬ゆかりの地 船宿 堺屋源兵衛跡 | トップページ | 今夜も目一杯やるから最後まだ楽しんでいってほしい! やるよ! »

「サンキュー! 甲斐バンドです」

薬師寺特設ステージでライブ 甲斐バンド

2012年8月12日、久しぶりに甲斐バンドとしてライブが行われた。

「破れたハートを売り物に」から始まり、夏に関連する名曲を次々と披露。

今まで見れなかった、許されるトチリもありそれをフォローする甲斐さんのトークも抜群でした。

今年、シングルとしてリリース予定の曲順のとき、その曲をとばして「嵐の季節」の前奏が始まった。客は順番を知らないので、前奏が終わって甲斐さんが歌いだすかと思ったら甲斐さんが「サンキュー」の一言でSTOP。

甲斐さん「びっくりしたー!次の曲は、今年シングルで発売される予定の番なのに、紹介できずに消え去るところでした。」(お客さん大うけ)

もう1箇所。バンド紹介で次々とメンバーが紹介されていき、田中一郎が紹介されると次の曲にいこうとした時、ドラムスの松藤英男の紹介を観客が解散に向かって手でアピール。

それに気づいた甲斐さんが松藤を紹介。

松藤はドラムスを叩いてから前に出てきて、甲斐さんに「警告」のポーズ。

甲斐さん「わざわざ、ドラムを叩いてから前に出てこなくても!」(またまた大うけ)

でも最後は決めました。

2回目のアンコール。どこかで聴いた曲。「街路」の演奏にお客がざわめく。

間髪いれずに「100万ドルナイト」の前奏が始まり、お客は「これがきたか!」

静かに聴き入る。

おなじみの照明効果が期待されるこの曲。薬師寺の仏殿、仏像とミックスして、「つらい愛と挫折の中 誰かが叫んでる 100万ドル・ナイト    WoO~!」

甲斐さんの叫びの中に演奏が続く。

すべてが終了し、メンバー全員が握手。

https://www.facebook.com/jizhi.zhanggu#!/photo.php?fbid=454681214552628&set=a.354260037928080.84499.100000322599840&type=1&theater

テレビカメラが入っていて、NHKBSプレミアムで8月30日に放送予定だそうです。

« 豊臣期の大坂を歩く 夏の陣vol.1 レポート(21) 坂本龍馬ゆかりの地 船宿 堺屋源兵衛跡 | トップページ | 今夜も目一杯やるから最後まだ楽しんでいってほしい! やるよ! »

甲斐よしひろ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「サンキュー! 甲斐バンドです」:

« 豊臣期の大坂を歩く 夏の陣vol.1 レポート(21) 坂本龍馬ゆかりの地 船宿 堺屋源兵衛跡 | トップページ | 今夜も目一杯やるから最後まだ楽しんでいってほしい! やるよ! »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

osayan

  • osayan: osayanのアルバム http://www.voiceblog.jp/y-osayan/

最近のトラックバック

カテゴリー

microad