OSAYAN情報

フォト
無料ブログはココログ

« osayan のオリジナルソング | トップページ | 豊臣期の大坂を歩く 夏の陣vol.1 レポート(25) 大阪偕行社跡 »

豊臣期の大坂を歩く 夏の陣vol.1 レポート(24) 大坂東町奉行所跡

豊臣期の大坂を歩く 夏の陣vol.1 レポート(24)

大坂東町奉行所跡 

明治新政府外国事務局跡 江戸期、大坂には東町と西町の町奉行所があった。

両奉行所は月番制(一月交替)。

最初は両奉行所ともこの地にあった。

享保9年(1724)に大火があり、両奉行所とも焼失した。

西町奉行所はその後別の地に移り、東町奉行所はこの地に残った。

明治維新後、新政府の「外国事務局(現在の外務省)」が東町奉行所跡地に設置された。政権交代早々に外交に関する難問(神戸事件、堺事件、大阪開市問題など)が生じた。
これら難局を乗り切るため、外国事務局総督に山階宮二品晃親王、三条実美、伊達宗城、東久世通禧、沢 宣嘉が任命された。

001

江戸前期は東町奉行所と西町奉行所が東西に並んで建っていた。

享保年間の大火事で両奉行所とも焼失。それ以降、西町奉行所は現在のマイドーム大阪または大阪商工会議所のある位置に移された。

Pict6266 Pict6270

« osayan のオリジナルソング | トップページ | 豊臣期の大坂を歩く 夏の陣vol.1 レポート(25) 大阪偕行社跡 »

大坂の史跡紹介」カテゴリの記事

大坂城」カテゴリの記事

伊達宗城」カテゴリの記事

三条実美」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« osayan のオリジナルソング | トップページ | 豊臣期の大坂を歩く 夏の陣vol.1 レポート(25) 大阪偕行社跡 »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

osayan

  • osayan: osayanのアルバム http://www.voiceblog.jp/y-osayan/

最近のトラックバック

カテゴリー

microad