« 豊臣期の大坂を歩く 夏の陣vol.Ⅱ レポート(10) 二の丸千貫櫓 | トップページ | 豊臣期の大坂を歩く 夏の陣vol.Ⅱ レポート(12) 徳川家康築城の天守跡 ~大坂城に2つの天守閣が並び立つ~ 西の丸 »

豊臣期の大坂を歩く 夏の陣vol.Ⅱ レポート(11) 北の政所邸跡・豊臣秀長邸跡・大坂城代上邸跡  西の丸

豊臣期の大坂を歩く 夏の陣vol.Ⅱ レポート(11)

北の政所邸跡・豊臣秀長邸跡・大坂城代上邸跡  西の丸

 豊臣秀吉の正室 北の政所(ねね)は、秀吉の死後、家督を継いだ秀頼と淀の方に本丸を譲り、自身は西の丸に住居を移した。

 豊臣秀吉が大坂城主の頃、秀吉の弟 豊臣秀長の屋敷が現在の西の丸庭園にあった。

 秀吉に臣下の礼をなかなか取らなかった徳川家康が、ようやく大坂城に登城したとき、前日の宿所になったのが豊臣秀長の邸だった。

 登城する前夜、秀吉は家康に会うために秀長邸を訪れた話は有名。

 また、本丸にあった「表御殿」に当時新発明だった雨戸が設けられており、家康が泊まった夜も、雨戸を閉めたところ、その音に敏感に徳川の家来たちが反応したという。

 大坂城代上邸跡  西の丸

 江戸幕府は、西国大名の監視をする役割として大坂城に城代を置いた。

 初代大坂城代は高槻城主 内藤信正で、元和5年(1619)に着任した。

 幕末までで、合計70名の大名が大坂城代を務めている。

 邸跡の遺構として井戸が唯一残っている。

 城代は主に譜代大名が任命され、京都所司代、勘定奉行などを歴任し、いずれは老中に就任する出世コースといわれている。

 城代の上屋敷が西の丸に設けられ、当時の井戸が残っている。

 京都所司代などを歴任し老中になるためのエリートコースのポストである。

062 207

 

« 豊臣期の大坂を歩く 夏の陣vol.Ⅱ レポート(10) 二の丸千貫櫓 | トップページ | 豊臣期の大坂を歩く 夏の陣vol.Ⅱ レポート(12) 徳川家康築城の天守跡 ~大坂城に2つの天守閣が並び立つ~ 西の丸 »

大坂の史跡紹介」カテゴリの記事

大坂城」カテゴリの記事

徳川家康」カテゴリの記事

豊臣期の大坂を歩く」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1255710/46805363

この記事へのトラックバック一覧です: 豊臣期の大坂を歩く 夏の陣vol.Ⅱ レポート(11) 北の政所邸跡・豊臣秀長邸跡・大坂城代上邸跡  西の丸:

« 豊臣期の大坂を歩く 夏の陣vol.Ⅱ レポート(10) 二の丸千貫櫓 | トップページ | 豊臣期の大坂を歩く 夏の陣vol.Ⅱ レポート(12) 徳川家康築城の天守跡 ~大坂城に2つの天守閣が並び立つ~ 西の丸 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

osayan

  • osayan: osayanのアルバム http://www.voiceblog.jp/y-osayan/

最近のトラックバック

カテゴリー

microad