OSAYAN情報

フォト
無料ブログはココログ

« 豊臣期の大坂を歩く 夏の陣vol.Ⅱ レポート(9) 大坂城大手門(追手門) | トップページ | 豊臣期の大坂を歩く 夏の陣vol.Ⅱ レポート(11) 北の政所邸跡・豊臣秀長邸跡・大坂城代上邸跡  西の丸 »

豊臣期の大坂を歩く 夏の陣vol.Ⅱ レポート(10) 二の丸千貫櫓

豊臣期の大坂を歩く 夏の陣vol.Ⅱ レポート(10)

二の丸千貫櫓

 石山本願寺から「千貫櫓」という名称の櫓が存在した。

 現在見ることができる「千貫櫓」は、大坂城の大手口を守る重要な隅櫓の一つで、元和6年(1620)に創建。

 昭和36年(1961)の解体修理の際、土台の木材から「元和六年九月十三日御柱立つ」の墨書が見つかり、この建物の棟上げ式の日が明らかになった。

 大阪城内に残る古建物の中で、最も古い建物になる。

 千貫櫓の名前の由来は、織田信長の石山本願寺攻めのとき、「あの櫓を落としたときは銭千貫を与えても惜しくない」といわれたことかがきっかけだそうである。

 織田信長と石山本願寺の争いは10年にも及んだが、なかでも天正4年(1567)5月7日、「大坂大寄せ」といわれる織田軍総攻撃が行われ猛烈な戦闘が繰り広げられた。

 このときに「千貫矢倉」の名が歴史に刻まれた。

 「陰徳太平記」では信長軍は城郭の奥まで攻め込み、あと1塀を残すのみの段階で、顕如法主が紅の衣で矢倉の上に姿を現し、金の団扇を振って敵に向かって招く仕草をしてという。

 これを観た城兵(本願寺軍)は必死で奮戦し、織田軍を蹴散らし、城の陥落を防いだという。

 偶然にも38年後の5月7日は、「大坂夏の陣」にて徳川軍に敗れ、大坂城天守閣が炎上した日でもある。

064 079 083

« 豊臣期の大坂を歩く 夏の陣vol.Ⅱ レポート(9) 大坂城大手門(追手門) | トップページ | 豊臣期の大坂を歩く 夏の陣vol.Ⅱ レポート(11) 北の政所邸跡・豊臣秀長邸跡・大坂城代上邸跡  西の丸 »

大坂の史跡紹介」カテゴリの記事

大坂城」カテゴリの記事

織田信長」カテゴリの記事

石山本願寺」カテゴリの記事

豊臣期の大坂を歩く」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

« 豊臣期の大坂を歩く 夏の陣vol.Ⅱ レポート(9) 大坂城大手門(追手門) | トップページ | 豊臣期の大坂を歩く 夏の陣vol.Ⅱ レポート(11) 北の政所邸跡・豊臣秀長邸跡・大坂城代上邸跡  西の丸 »

2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

osayan

  • osayan: osayanのアルバム http://www.voiceblog.jp/y-osayan/

最近のトラックバック

カテゴリー

microad