OSAYAN情報

フォト
無料ブログはココログ

« 「プリンセストヨトミ」「大阪城天守閣再興80周年」 大阪旅めがね「大阪城ツアー」8月27日 | トップページ | 大阪史跡探訪Vol.5 その12(最終) »

桂 小五郎(木戸孝允)終焉の地

桂 小五郎(木戸孝允)終焉の地

明治維新の三傑にあげられる木戸孝允公。

幕末期は桂 小五郎の名で知られる維新の活躍者です。

明治10年(1877)5月、木戸孝允は日本の行く末を案じながら京都で永眠しました。

その終焉の地である木戸孝允邸が、現在一般公開されています。

私のパートナーであるO野さんより情報を入手し、時間が開いたときを狙い、訪問してみました。

木戸邸はかつて公家の近衛家の下屋敷(河原屋敷)を譲り受けたものです。

現在この周辺には「木戸孝允旧邸」という石碑があらゆるところに建っています。

また、木戸孝允の子息 忠太郎がコレクションとして集めた達磨を陳列した「達磨堂」も見学できます。

9月までですので、まだ観ておられない方はこの機会に是非お薦めです。

「20118.pdf」をダウンロード

3 Img0001

写真はこちら。

« 「プリンセストヨトミ」「大阪城天守閣再興80周年」 大阪旅めがね「大阪城ツアー」8月27日 | トップページ | 大阪史跡探訪Vol.5 その12(最終) »

桂小五郎」カテゴリの記事

明治天皇」カテゴリの記事

京都の史跡関連」カテゴリの記事

桂小五郎・木戸孝允」カテゴリの記事

長州藩関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 桂 小五郎(木戸孝允)終焉の地:

« 「プリンセストヨトミ」「大阪城天守閣再興80周年」 大阪旅めがね「大阪城ツアー」8月27日 | トップページ | 大阪史跡探訪Vol.5 その12(最終) »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

osayan

  • osayan: osayanのアルバム http://www.voiceblog.jp/y-osayan/

最近のトラックバック

カテゴリー

microad