OSAYAN情報

フォト
無料ブログはココログ

« 大坂の史跡を訪ねて(連載8回目-2) | トップページ | 大坂の史跡を訪ねて(連載9回目) »

大阪旅めがね 大阪城ツアー 7月17日

大阪旅めがね 大阪城ツアー 7月17日

午前10時すぎに集合場所(道頓堀川「太左衛門橋船着場」に到着。

本日の参加予定者は20名。

参加料が初参加の方やファンクラブの方など多様で、おつりの対策や複数でこられた際の金額の把握に努めました。

「トンボリリバクルーズ」スタッフ数人と挨拶。

準備しているときから汗がポタポタ落ち、猛暑を実感しながら参加者に熱中症がでないことを祈りました。

11時集合でしたが、皆さん早めにお越しいただき11時前に全員集合。

「太左衛門橋船着場」から「大阪城港」までの行程と見所を説明。

「アクアミニ」のガイドさんに期待しましたが、大事な「曲がり淵地蔵尊」や東横堀川に架かる橋が「鉄橋」「石橋」が交互になっている点、更には東横堀川水門でのシャワーの意味などが説明されず欲求不満のまま大阪城港に到着。

「しろてん」で現在活躍中のつんく。松田聖子が大阪城ホールでコンサートの際、終了後ホテルニューオータニに宿泊している部屋から「手を振る」こと。

大阪城ホールで日本のロックグループが初めてコンサートをしたのは「甲斐バンド」だったことを説明。

その後は「大阪砲兵工廠」「プリンセストヨトミロケ地」「算盤橋」「大阪城に生息する動植物」「青屋門」「大阪城の石垣」「豊臣期の石垣」「雁木坂」「梅林」「石山本願寺」「大阪城内にかつてあった病院、刑務所、英国公使館」「豊國神社」「桜門」「蛸石」「その他の巨石」「本丸御殿」「プリンセストヨトミロケ地」「たこやき造り体験」

なんとか無事終了。

今思えば「プリンセストヨトミ」を観ていてネタが膨らんでよかった!

もしよろしければ、私は8月27日も大阪旅めがね「大阪城ツアー」を担当することとなりました。

販売は昨日から開始しております。

申し込みはこちらから

« 大坂の史跡を訪ねて(連載8回目-2) | トップページ | 大坂の史跡を訪ねて(連載9回目) »

豊臣期の大坂」カテゴリの記事

大阪旅めがね」カテゴリの記事

大阪城」カテゴリの記事

大村益次郎」カテゴリの記事

アーネスト・サトウ」カテゴリの記事

プリンセストヨトミ」カテゴリの記事

大坂城」カテゴリの記事

徳川家茂」カテゴリの記事

徳川慶喜」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大阪旅めがね 大阪城ツアー 7月17日:

« 大坂の史跡を訪ねて(連載8回目-2) | トップページ | 大坂の史跡を訪ねて(連載9回目) »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

osayan

  • osayan: osayanのアルバム http://www.voiceblog.jp/y-osayan/

最近のトラックバック

カテゴリー

microad