OSAYAN情報

フォト
無料ブログはココログ

« 吉田松陰宿泊の地 塩屋甚兵衛邸跡(久住清子邸) 岸和田 | トップページ | 吉田松陰訪問の地 後藤松陰を訪問 »

甲斐よしひろの「サウンドストリート」 ②

甲斐よしひろの「サウンドストリート」 ②

「(オープニング曲)

 こんばんは、甲斐よしひろです。今日は「サウンドストリート」2回目という感じではじまってますが、甲斐バンドストーリー・・えぇ今博多弁ぽいかったのでもう1回言い直します。今日は甲斐バンドストーリーで甲斐バンドの変遷について語ろうと思っています。

 甲斐バンドの曲を一辺倒でオンリーで。本当は甲斐バンドストーリーを語る上で甲斐バンドのファーストLPをかけるのが妥当なんだろうけど、甲斐バンドの最初のLPというのは、あれは、甲斐よしひろのアマチュア時代のベストLPというかんじで、本当にそういう意味では甲斐バンドのLPは6枚ライヴを入れて出しているんだけれど、甲斐バンドとして、本当にオリジナリティのあるLPというは2枚めのLPからなんだよね。2枚目のLP「英雄と悪漢」というLPこそが、甲斐バンドというかんじなんだよね。

 今日はその「英雄と悪漢」というLPから聴いてもらおうと思います。

 東京に来て3ヶ月目で、最初は「らいむらいと」という1枚目のLP録音に入ったんだけど、ほとんどがアマチュアのときに作った歌がほとんどで。
 「英雄と悪漢」というは東京に住んで馴染もう、これから一生ここに住んでいこうという感じで非常に方に力が入っていながらも、非常にやっぱり肩に力が入っていながらも、悲壮な感じ、ハングリーな部分がたくさん出ている。それが「英雄と悪漢」というLPなんです。そのなかから曲を聴いてもらいます。
 「東京の冷たい壁にもたれて」 (曲が流れる)

終了

 え~、この曲を作ったのは・・・まぁ・・・彼女が、本当に1m60cmで、今はもうどっか嫁さんになってると思うんだけど・・俺たちはまだ、この辺でちょこちょこしているという感じで(笑)
 え~、なんていうか・・思い出しますなぁ。

 これ(東京の冷たい壁にもたれて)は、非常に好きな曲でありまして、え~、今日は1回目の「サウンドストリート」、先週・・非常になんか・・「甲斐よしひろの音楽のルーツ」っていう感じで、こせこせした感じだったので、今日はゆっくりやろうと思っているわけですが・・・

 「若いこだま」の最終回が非常に大好評でして・・(笑)     
※「若いこだま」最終回:
http://ako.hacca.jp/ss9.htm

 何が大好評だったのかというと・・、俺のあの「最後の嘆きがいい」と(笑) あれはぁ~、なんとなくつまずきながらも終わったと・・・あれが非常に、「サウンドストリートに行くんだ」という「継続性があってすごくいい」という激励のお葉書をたくさんいただきましたっ。はい。・・・くそっ(笑)

 え~(笑)、「英雄と悪漢」という2枚目のアルバムの中からもう1曲聴いてもらいます。

 え~、これも非常に好きな曲ですね。

 「昨日のように」(曲が流れる)

 http://music.goo.ne.jp/lyric/LYRUTND86710/index.html

« 吉田松陰宿泊の地 塩屋甚兵衛邸跡(久住清子邸) 岸和田 | トップページ | 吉田松陰訪問の地 後藤松陰を訪問 »

甲斐よしひろ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 甲斐よしひろの「サウンドストリート」 ②:

« 吉田松陰宿泊の地 塩屋甚兵衛邸跡(久住清子邸) 岸和田 | トップページ | 吉田松陰訪問の地 後藤松陰を訪問 »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

osayan

  • osayan: osayanのアルバム http://www.voiceblog.jp/y-osayan/

最近のトラックバック

カテゴリー

microad