OSAYAN情報

フォト
無料ブログはココログ

« 幕末の大坂を歩く | トップページ | 徳川慶喜 休息の寺 唯松寺 »

後藤象二郎寓居跡

後藤象二郎寓居跡

「幕末維新 京都史跡事典」に掲載されていた後藤象二郎寓居跡の石碑。

これまで姿を消し、だいたいこのあたりという説明を受けてきました。

「京都土佐藩邸近くの醤油商「壷屋」跡を現在所有されている不動産会社の会長である中井氏により駒札が設置されました。」と12月11日付けの京都新聞に掲載されました。

そんなことも知らず、たまたま時間が空いたので、「ぶらり京都」をしようと思い、お昼前に外出。嵐山にできた「土佐四天王像」をまず見に行き、そのあと坂本龍馬、中岡慎太郎の墓所を訪れようと計画した。

嵐山はすぐにわかった。もとは京都土佐藩邸跡にあった像が、忽然と姿を消してから何年経っただろうか。久しぶりの再会で感激した。

その後、地下鉄の乗り継ぎに失敗し「烏丸御池」で降りてしまい、雨も降ってきたので霊山行きは諦めた。

すると、小さな付近の紹介地図に「足利尊氏邸跡」碑がかかれてあり、そこを訪れた。

そのあと三条に出て、酢屋に向かった。今まで見られなかったが、「坂本龍馬寓居跡」の石碑に記念写真を撮る人が多いのに嬉しくなった。

土佐稲荷岬神社の坂本龍馬像も新しくなったことを聞いていたので、またまたきれいな坂本龍馬像と再会。

その後、河原町通り東側の商店街を歩いて阪急河原町駅に向かって歩いていると、どこかで見た顔の人とすれ違った。一瞬目があったが、先方はお気づきになっておられないよう。私はN先生に間違いないと思った。今日も歴史研究で歩いておられるのかと思いながら数秒西に歩いていたら、「幕末の大坂を歩く」を一緒にガイドしていたOさんと会った。

お互いに「何でこの場所で!」

実はN先生講師のもと京都三条・四条付近の史跡めぐりのツアーだったことを知った。

Oさんから「後藤象二郎寓居跡」に駒札が建ったことを教えてもらい、今からそこに行くのだと言う。

それで、便乗させてもらい、現地まで案内してもらった。

ツアー一行とはそこでお別れ。私は近江屋跡に行き、コンビニで「京都新聞」を購入。

近江屋跡でも殆んどの人が立ち止まり、「ここが近江屋か!」など感激の声と共にまたまた皆さん記念撮影。

駒札設置前は、立ち止まる人は殆んど無かったように思います。

そしてさらに西へ。「中岡慎太郎寓居跡」は以前のままで、立ち止まる人は少なく、少しさびしい思いをし、京都を後にしました。

Dsc051250001 Dsc051090001 Dsc051210001 Dsc051140001_2

« 幕末の大坂を歩く | トップページ | 徳川慶喜 休息の寺 唯松寺 »

坂本龍馬」カテゴリの記事

中岡慎太郎」カテゴリの記事

OSAYAN」カテゴリの記事

NHK「龍馬伝」関連」カテゴリの記事

土佐藩関連」カテゴリの記事

京都の史跡関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 後藤象二郎寓居跡:

« 幕末の大坂を歩く | トップページ | 徳川慶喜 休息の寺 唯松寺 »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

osayan

  • osayan: osayanのアルバム http://www.voiceblog.jp/y-osayan/

最近のトラックバック

カテゴリー

microad