OSAYAN情報

フォト
無料ブログはココログ

« 慶応4年1月11日 天満橋北詰で新選組隊士梟首 | トップページ | 坂本龍馬と久坂玄瑞(長州) »

坂本龍馬と後藤象二郎の歴史的会談

慶応3年(1867)1月13日

 長崎の料亭「清風亭」にて土佐勤王党を弾圧した後藤象二郎と、土佐を2回脱藩し、「亀山社中」を率いていた坂本龍馬が会見を行いました。

 イギリス外交官アーネストサトウは、後藤象二郎ほど度量の大きい人を見たことがないと評していて、坂本龍馬については「イカルス号事件」で直接交渉し、余り好印象は持っていなかったようです。

 この階段により坂本龍馬率いる「亀山社中」を後援していた薩摩藩から、土佐藩へと変わり「土佐海援隊」が誕生することになります。

« 慶応4年1月11日 天満橋北詰で新選組隊士梟首 | トップページ | 坂本龍馬と久坂玄瑞(長州) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 坂本龍馬と後藤象二郎の歴史的会談:

« 慶応4年1月11日 天満橋北詰で新選組隊士梟首 | トップページ | 坂本龍馬と久坂玄瑞(長州) »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

osayan

  • osayan: osayanのアルバム http://www.voiceblog.jp/y-osayan/

最近のトラックバック

カテゴリー

microad