OSAYAN情報

フォト
無料ブログはココログ

« インフルエンザは歴史の話になると吹っ飛ぶ? | トップページ | 甲斐バンド »

大坂城 豊臣期の石垣

大坂城 豊臣期の石垣 中央区大手前1-3-20 (追手門学院小学校)

産経新聞では毎週火曜日夕刊に「古都おおさか再生 上町に学ぶ」が連載されていますが、11月17日は学校法人追手門学院の学院長 鈴木多加史先生に寄稿で「大坂城跡」というテーマでした。

ご存知の方が意外と少ないのですが、現在の大阪城のほとんどは徳川期に作られたものです。石垣は計算されて詰まれたもので立派なものですが、豊臣期の大坂城はすべて、土の中に埋められました。現在の天守閣の東にある配水所の下を掘れば、豊臣期の天守閣のい工が出てきます。したがって、現在、豊臣期の遺構を見ることができるのは、ごくかいぎられた場所にある石垣跡と太閤下水でしょう。

その、豊臣期の石垣を地上で見ることができるのは、地下に眠っていたものを地上に上げたものです。

今回の新聞で紹介された石垣は、追手門学院小学校の地下にある(地下駐車場ではなくその下の機械室の写真です。(非公開)

Dsc017470001

追手門学院では上町プロジェクトに取り組んでいます。

http://www.otemon-osakajo.jp/uemachi/index.html

« インフルエンザは歴史の話になると吹っ飛ぶ? | トップページ | 甲斐バンド »

豊臣期の大坂」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大坂城 豊臣期の石垣:

« インフルエンザは歴史の話になると吹っ飛ぶ? | トップページ | 甲斐バンド »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

osayan

  • osayan: osayanのアルバム http://www.voiceblog.jp/y-osayan/

最近のトラックバック

カテゴリー

microad